ホーム > プロデューサーのつぶやき > 第4号の大編集後記。〜線路は続くよどこまでも〜

第4号の大編集後記。〜線路は続くよどこまでも〜

2010 年 9 月 10 日 プロデューサー コメント

特集内に少し抜けたページが欲しい。
となると前号同様、俺がなにかやるのが手っ取り早いということで
行ってきました、鈍行列車で鹿児島まで。
前号はチャリンコで宗谷岬への旅をした俺は、今号では最南端を目指したのだ。

 

ギュウギュウに詰め込めば2日間で行けるが、それでは読者のみなさんへの提案にはならない。
寄り道したり、夜は美味いものを食べたりと、そんな行ってみたくなるような旅にしたい。
テーマは旅心なのだからと、3日間のロケに決定した。
7月の下旬には、この企画をやることに決めたのだが、スケジュール帳はビッシリである。
この時点でなんとか組めるのは、結局〆切のギリギリになってしまうが、8月の17日からの3日間となった。
キツイ、自殺行為ともとれる日程での強行軍が決定したのだ。

 

鉄道系の雑誌や、列車旅の特集などを研究した。
どれもバッチリといい風景の中に電車が収まっている。
が、こういう誌面でないだろうなあ。電車が主役ではないものなあ。
前号のチャリ企画は過酷さに嵐ともいえるほどの悪天候も手伝い、
誌面をつくるという意味では結果的にいいコンディションだった。
だが、今回はそれがない。
「駅弁100食とかどうですか?」と、武田。
「うーん、できるだけ食ってみよう」
だが今どき、車窓から駅弁を買えるなどという駅はない。
昭和40年男幼少時代のままで風景が止まっていて、本気であの変な容器に入ったお茶とか、
冷凍みかんを思い浮かべていたのだから、しょうもない俺たちだ。

 

あまりつぶやかない俺に
「ツイッターに5・7・5調でつぶやいて誌面にも活かしましょう」
とは、副編小笠原からの提案だ。
「うん、あまり自信はないけどやってみるよ」
と、1日に何度もつぶやくことになり、それなりの成果を得た。
5・7・5については、すべてを誌面に掲載したので、ぜひ採点してちょうだいな。

 

1,600kmの車窓に心を揺り動かされた俺だった。
そんな旅心が、みなさんに伝わるだろうか?
おバカなド頭ページに乞うご期待ですぞ。

 

さあ、いよいよ明日、全国の書店の棚が大騒ぎだぜ。

  1. avatar
    たっぱ
    2010年 9月 11日 14:07 | #1

    第4号、発売おめでとうございます。

    さっそくGETしました (^^)v

    週末は「40年男」三昧です。

  2. 早速のご購入ありがとうございます。感謝感激の涙です。じっくり読んで感想なども聞かせてください。

    avatar
    プロデューサー