ホーム > 編集部員のぼやき > 昭和40年男なドラマ!

昭和40年男なドラマ!

2010 年 4 月 23 日 編集部員 コメント

30年ぶりの同窓会で出会った4人の男女が繰り広げる、
スリリングな大人の恋の行方…。

 

なんのことかというと、昨日から始まったテレビ朝日の
『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』
という新番組の紹介文。
「ふ〜ん、よくありそうな大人の恋愛(不倫?)ドラマかな? まったく興味なし!」
箸にも棒にもかからないというか、
そもそもテレビをほとんど観ない私にとって、
申し訳ないけど恋愛ドラマなんてほど遠い存在。

同窓会のHP

同窓会のHP

 

しか〜し、そのほど遠いハズが一転、今回は興味津々なんです。
劇中で4人の設定が、なんと45歳!
ってことは、そう昭和40年生まれなんですよ。

 

番組HPで調べると、恋愛関係がやはり話の軸のようなんですが、
45歳の男女が抱える家庭問題や社会的な格差など、
けっこうリアルで切実な話題も散りばめられているようす。
ちなみに配役と役柄は、旦那がリストラされた主婦役に黒木瞳。
ヒルズ族の勝ち組起業家の妻役に斎藤由貴。
本妻とは別居中の週刊誌編集長役に三上博史。
多忙で家庭を顧みない刑事役に高橋克典。

 

ここまで美男美女ばかりなのもどうかなぁ〜って思うけど
(個人的には40年男の古田新太さんや40年女の小林聡美さんなんかだと、よりリアリティを感じるかも?)
『昭和40年男』編集部員としてはとても気になります。

 

昨日の放送は残念ながら観られなかったけど、
次号以降は観ようと思っております。
もしドラマを観た方がいらっしゃったら、同じ年からみた感想など
教えてもらえるとうれしいです。

 

◆編集部員:高橋
経済成長の鈍化を尻目に、体重だけは年々右肩上がりの成長を見せるもうすぐ37歳。肥大し続ける理由の一端だとわかってはいても、いまだ締めの一杯を欠かせない。

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. avatar
    昭和40年女
    2010年 7月 4日 18:18 | #1

    こんにちは。昭和40年10月生まれの『40年女』です。一応、アラフォー最後の44歳です。
    最近、昭和40年男というすばらしい雑誌の存在を知って、ものすごく嬉しくなりました☆
    この独特の発想が、同級生ならではと、とても親近感をおぼえました。
    中学(女子高)に入ると、東京オリンピックを知らない子たちが入ってきたと騒がれた記憶が…(゜o゜)
    ところで…この「同級生」というドラマ楽しみに観ていましたが、ご存じかもしれませんが、「昭和39年度生まれ』
    の人たちがターゲットなのですね。中学校、昭和55年卒とのことで。。高橋克典さんは、役と同学年かと思います。
    ちなみに、ここに出演していた昭和40年男は、尾美としのりさんでした(^o^)
    昭和40年男のバックナンバーを2冊ゲットしました。届くのが楽しみです。これからも応援してます!!

  2. コメントありがとうございます。
    バックナンバーも…カンゲキです。
    みなさんから「『昭和40年女』はでないの?」との声があるなか、女性のみなさまにも読んでいただき、嬉しい限り。このドラマは(今となっては)懐かしい顔ぶれもみられ、同世代としても親近感が湧くものだったと思います。視聴率、どうだったんでしょうね。

    avatar
    編集部員