『あしたのジョー』を描き終えた日。大事故で生まれたトキワ荘の面々との絆。漫画好きなら必読の、ちばてつや短編集『あしあと』発売!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

以前『昭和40年男』の表紙を飾ったこともあり、本誌編集長はじめ同世代にも大ファンが多い『あしたのジョー』(原作・高森朝雄) を筆頭に、『ハリスの旋風』『おれは鉄兵』『あした天気になあれ』『のたり松太郎』など数々の傑作・話題作を、デビューから現在に至るまで生み出し続けている巨匠・ちばてつや先生。その23年ぶりとなる短編集、『あしあと ちばてつや追想短編集』が昨日、2021年4月30日(金)より発売となりました。
 
2000年以降に発表された読み切り作品を集めたもので、『あしたのジョー』を描き終えた日、『のたり松太郎』が誕生した日、とある大事故がきっかけで生まれたトキワ荘メンバーとの絆… などなど、漫画好きならば興味津々のエピソードが満載の自伝的作品集です。発表当時のカラーページも含め完全収録となっています。

また、現在『ビッグコミック』(小学館) で連載され好評の、自身の満州からの引き揚げ体験を含む生い立ちを描くフルカラーショートコミック『ひねもすのたり日記』第4集も同時発売。巣ごもり連休のお供にあわせて楽しむのもよさそうです。
 
 
ちなみに『ビッグコミック』編集部のTwitterアカウントでは、短編集『あしあと』から、前出の、事故をきっかけにトキワ荘の面々との絆が生まれたという “事件” の話「トモガキ」(前編) を公開しています。

https://twitter.com/bigcomic_mg/status/1388041695829237770

当時20歳のちばてつや先生と、16歳で夜学に通いながらアシスタントをしていた弟… その後『キャプテン』『プレイボール』などをヒットさせるちばあきお先生も登場。原稿が遅くカンヅメになっている最中、若いな~ (苦笑) という感じの悪ふざけからとんでもないことに…。

もうこの話だけでも引き込まれること間違いナシ。藤子不二雄Ⓐ先生の『まんが道』や『愛…しりそめし頃に…』を読んでいたトキワ荘ファン(?) も、きっと今回の短編集を手に入れたくなることでしょう。ぜひチェックしてみてください!
 
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、小学館 ニュースリリース より]

商品概要

『あしあと ちばてつや追想短編集』
 ちばてつや

 定価 1650円 (税込)
 A5判 248ページ
 ISBN: 978-4-09-861082-2
 発行: 小学館
 2021年4月30日ごろ発売
 https://www.shogakukan.co.jp/books/09861082

 

『ひねもすのたり日記』 第4集
 ちばてつや

 定価 1320円 (税込)
 A5判 144ページ
 ISBN: 978-4-09-861081-5
 発行: 小学館
 2021年4月30日ごろ発売
 https://www.shogakukan.co.jp/books/09861081 

 

 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*