【S40News!】新型デジタルミュージックプレイヤーが登場。

バング&オルフセンは、デジタルミュージックプレイヤー『BeoSound 5 Encore』を発売した。

増え続ける楽曲のコレクション。デジタル音源は、アナログレコードのように場所をとらなくなったものの、ハードディスクやPC、USBメモリ、携帯デバイスなど、保存先があちこちに点在してしまい、収支がつかなくなってしまっているなんてことはないだろうか。そんな人にオススメしたいのがこの新型デジタルミュージックプレイヤーだ。スタイリッシュなハイエンドAV機器で知られるバング&オルフセンから登場した『BeoSound 5 Encore』は、家庭内にあるさまざまなデジタルデバイスと連動して、それらの中の音楽ソースにアクセスし再生することができるというもの。

インターネットへ有線もしくは無線接続し、世界中の13,000を超えるインターネットラジオ局とつなげば、あらゆる言語、あらゆる音楽ジャンルを楽しむこともできる。クールなデザインも物欲を多いに刺激する。音楽好きにはたまらないデバイスになるのではないだろうか。

ロスレスフォーマットのWMAおよびFLACにも対応している。サイズは310×190×80mm、ディスプレイは10.4インチ (1024×768)。価格は32万9,700円(フロアスタンド:6万1,950円/テーブルスタンド:2万6,250円)。


  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。