松本 隆の作詞活動50周年を記念したWeb番組『風街ちゃんねる』の第2回配信。テーマは「はっぴいえんど」と日本語ロック…1/23~。

おはこんばんちはです。昭和40年男向け「S40ニュース!」をお送りします。
 
昨年11月よりスタートした
12月の第1回では松本 隆の文化体験を小学生時代から振り返りましたが、続く第2回は『「はっぴいえんど」と日本語のロック』をテーマに、松本 隆の本格的な音楽遍歴へと踏み込んでいきます。
 
ゲストに、アルバム『はっぴいえんど』通称 “ゆでめん” のディレクターを務めた音楽評論家の小倉エージ、リアルタイムの はっぴいえんど ファンで俳優・ミュージシャンの佐野史郎の2人を迎え、バンド結成当時のエピソードや初期のレコーディングの様子、松本 隆が作詞を始めるきっかけ、といった当時の逸話を、今回も ”ゆるくマニアックに” 振り返っていくとのこと。
松本 隆とは20年の付き合いという佐野史郎も「今まで聞いたことがない話が聞けた」と話しているそうで、松本 隆ファン・はっぴいえんどファンにはまさに必見の番組と言えるでしょう。

『風街ちゃんねる』第2回の視聴チケットは、チケットぴあにて1,100円 (税込) で販売中。配信時間は1時間27分、アーカイブの視聴可能期間は 2月5日(金) 23:59 までとなっています。

トレーラー動画も公開されていますので、気になる方はまずそちらからチェックを。番組内容やチケット購入方法など、詳細についてはこの後のニュースリリースもご参照ください!
 
▼「風街ちゃんねる」第2回 トレーラー動画

(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、ディスクガレージ ニュースリリース より]

昨年11月にスタートした「松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト」。
スタートと同時に開局がアナウンスされた「風街ちゃんねる」は、毎回、松本 隆の詞に魅了されたゲストを各界から招き、松本隆と共に50年の歴史を、ほぼ台本なしで ”ゆるくマニアックに” 振り返っていくトーク形式のWEB配信番組です。
 
 
●第2回の番組内容より一部抜粋●
<歌詞と数>
レコーディング中、松本 隆は言葉の数を指折り数えながら歌詞を書き、歌詞ができていない時は、メンバーに数字で伝えていた。松本隆は「日本語で数を数えると圧倒的に奇数がいい。3と5と7。結局は俳句や短歌と同じ。」「これはビートルズの初期も同じだった。」と、歌詞のリズムを語った。
 
<筒美京平との出会いと細野晴臣>
バンド結成前に、細野晴臣がバンドの参考として松本隆に色々な曲を聞かせた中に、西田佐知子の「くれないホテル」があった。
普段、歌謡曲を聞かない細野晴臣が「作曲の筒美京平は天才なんだ」と語り、松本隆の頭に “筒美京平” の名前が刻まれた。
バンドが解散し作詞家になった時、松本 隆は「まずこの人(筒美京平)に合わなきゃ」と思ったが「歌謡曲の帝王みたいな人にコネもないし、どうやったら会えるんだ?」と悩んでいた。そんな時に「松本くん、ちょっと話を聞きたいのだけど。」と筒美京平から電話がかかってきた。

<日常のひび割れが、詞でありロック>
20歳の松本隆は「なんで “お雑煮”(「春よこい」の歌詞)なんだろう。」「かっこいいロックをやるはずじゃなかったのか。」と思いながら詞を書いていた。松本 隆は、自身の詞について「(詞は)日常のひび割れ。日常のひび割れの向こう側に、ユートピアやディストピア、天国や地獄が見える」、「ひび割れが詞だったしロックだった」と語った。
 


 
<
番組概要>

■番組タイトル
~松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト~ 風街ちゃんねる
(番組は全6回予定)

■番組内容
第2回 「はっぴいえんど」と日本語のロック
・出演: 松本隆 <MC>宇賀なつみ <ゲスト>小倉エージ、佐野史郎
・配信開始日時: 2021年1月23日(土)20:00~
 ※アーカイブ配信: 2021年2月5日(金)23:59まで
 
<チケット情報>
・視聴券: 1,100円(消費税込み)
・発売日:[第2回] 2020年12月12日(土)21:00~  NOW ON SALE ! 
・視聴券販売サイト: チケットぴあ https://w.pia.jp/t/kazemachi/

<配信チケットに関しての注意事項>
本配信はチケットぴあの動画配信サービス「PIA LIVE STREAM」を使用いたします。
配信視聴券をご購入の際には、「推奨環境・動作確認」の「ULIZA(ウリザ)」をご確認ください。
https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/
 
 
<松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクトWEBサイト>
https://takashimatsumoto50.com
 



<出演者 プロフィール>

■松本 隆
作詞家。
1949年7月16日生まれ、東京都出身。
1969年に細野晴臣、大滝詠一、鈴木茂とともにロックバンド「はっぴいえんど」を結成し、ドラムと作詞を担当。「日本語のロック」を立ち上げ、その後の日本のポップ・ミュージックシーンに多大な影響を及ぼす。
「はっぴいえんど」解散後は作詞に専念し、75年『木綿のハンカチーフ』(太田裕美)のヒットにより注目を集め、81年『ルビーの指環』で第23回日本レコード大賞を受賞。アグネス・チャン、KinKi Kids、近藤真彦、松田聖子、薬師丸ひろ子など400組を超えるアーティストに作詞を提供し、数多くのヒット作品を手掛ける。
作詞活動45周年を迎えた2015年には作詞数が2100曲を超え、オリコンヒットチャート1位を記録した曲は50曲以上、ベストテン入りした曲は130曲を超える。同15年には「風街レジェンド2015」と冠したライブを行った。作詞を手掛けたアーティストが多く出演し、自身も「はっぴいえんど」のドラマーとしてステージに立った。また2016年3月「第66回 芸術選奨文部科学大臣賞」、2017年には、クミコwith風街レビュー「デラシネ」では全作詞を手掛け 第59回 日本レコード大賞 優秀アルバム賞 を授賞、同年11月には紫綬褒章を受章した。
2018年4月にはシューベルト歌曲集の現代語訳による「白鳥の歌」をリリースしている。

 
■宇賀なつみ
1986年 東京都練馬区出身。2009年 立教大学社会学部を卒業し、テレビ朝日入社。入社当日に「報道ステーション」気象キャスターとしてデビューする。その後、同番組スポーツキャスターを務め、「グッド!モーニング」「羽鳥慎一モーニングショー」等、情報・バラエティ番組を幅広く担当。2019年に同局を退社しフリーランスとなる。
現在は、テレビ朝日で「池上彰のニュースそうだったのか!!」や自身初の冠番組「川柳居酒屋なつみ」を担当。2020年4月からはMCを務める、フジテレビ系「土曜はナニする!?」がスタートした他、TOKYO FM 「SUNDAYʼ S POST」やTBS ラジオ「テンカイズ」等、ラジオパーソナリティにも挑戦している。

 

第2回ゲスト

(c) TAKASHI OKAMOTO

■小倉エージ
音楽評論家
1946年神戸市生まれ。69年甲南大学卒業後アート音楽出版に入社。URCレコードにおいて中川五郎(『終り はじまる』)遠藤賢司(『niyago』)はっぴいえんど(『はっぴいえんど』)のディレクターを務めた。同時に69年3月創刊の『ニューミュージック・マガジン』(現ミュージック・マガジン)に編集顧問として参画。71年以後、音楽評論家として雑誌、新聞、週刊誌等での執筆活動、音楽番組の構成、選曲を担当。NHK-FMの『クロスオーバー・イレブン』では78年の番組開始以来2001年まで選曲を担当。洋楽、邦楽の大衆音楽を専門に香港はじめ東アジアの大衆音楽も紹介。食文化研究にも取り組みNHK-TV『男の食彩』のキャスターを担当した他、食のエッセイを執筆し、著作を発表してきた。1999年より文化庁芸術祭レコード部門、次いで演芸部門、2002年より芸術選奨大衆芸能部門の審査員等を年度により担当。
近著:『URCレコード読本』(共著、シンコーミュージック 2020)

 
■佐野史郎
1955年3月4日生まれ。島根県出身。1986年『夢みるように眠りたい』で映画初主演。以後数々の映画・ドラマ・舞台で幅広く活躍。

 

 


 
■SNSも展開中…フォローよろしくお願いします! シェアもゼヒ~!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*