エイリアンvsセクシーロボット!? 2人の奇才が交錯する企画展「H.R.GIGER × SORAYAMA」…渋谷に続き心斎橋PARCOでも1/23(土)~開催!

おはこんばんちはです。昭和40年男向け「S40ニュース!」をお送りします。
ELP『恐怖の頭脳改革』のジャケットや、映画『エイリアン』のクリーチャーデザインで世界にその名を轟かせ、そのエロティックでバイオメカニカルな世界観が、ビデオゲームのビジュアルにも多くの影響を与えた H・R・ギーガー 

そして、ハイパーリアルでメタリックな “セクシーロボット” のイラストレーションで知られ、ソニーのペットロボット「AIBO」の初代デザインも手がけた 空山 基 
 
まさに “奇才” と言うべき、この2人のアーティストの作品展『H.R.GIGER × SORAYAMA』が、先日までの渋谷PARCOに続き、大阪・心斎橋PARCO 14Fの「PARCO EVENT HALL (パルコイベントホール)」にて開催されます。
渋谷のアートギャラリー「NANZUKA」のディレクションのもと、会場デザインに YAR、キュレーターに 『kaleidoscope』編集長の Alessio Ascali 氏を迎え、ギーガー と 空山 基、それぞれが製作した絵画や彫刻作品が一堂に展示されます。
 
また、会場では kaleidoscope から出版される本展の記念書籍「GIGER × SORAYAMA」を販売。さらに、2014年に亡くなったギーガー本人が生前に製作したものをベースにした、メディコム・トイのコレクタブルフィギュア「BE@RBRICK H.R.GIGER  100% & 400% /1000% WHITE CHROME Ver. / BLACK CHROME Ver.」、空山 基のアートピース「『Sexy Robot floating』1/4 scale edition black ver.」も、数量限定で販売されるとのこと。
 
会期は 2021年 1月23日(土) ~ 2月7日(日) で、入場料は1,000円(税込)。入場方法などの詳細は、この後のニュースリリースの他、展覧会公式サイト (https://art.parco.jp) でも公開されるということなのでご参照ください。

未来、退廃、奇想、耽美、エロスとタナトス… 相対するようでいて通じ合う、2人の奇才ならではの世界にどっぷり没入できる貴重な機会。関西方面の方はゼヒ足を運んでみてください!
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、パルコ ニュースリリース より抜粋]

株式会社パルコ (本部:東京都渋谷区、以下、パルコ) は、渋谷PARCOに次いで、心斎橋PARCO 14F「PARCO EVENT HALL(パルコイベントホール)」にて、スイス出身で映画「エイリアン」のクリーチャーデザイナーとして知られる「H.R. GIGER(ハンス・リューディ・ギーガー)」と、「セクシーロボット」シリーズで知られる現代アーティスト「空山 基(そらやまはじめ)」の2人展『H.R.GIGER × SORAYAMA』を開催いたします。
  
 
■展覧会概要
本展のキュレーターである kaleidoscope 編集長の Alessio Ascali 氏は以下のようにコメントを寄せています。
 「H.R.ギーガーと空山 基、地球の反対側で生まれ、シュールレアリスムとスーパーリアリズムという相反する表現方法を用いる彼らは、しかし、多くの点で共通している。驚異的なエアブラシの技巧を駆使して描かれたガイノイド(女性のアンドロイド)を通して、生と死、権力と欲望の間に深く根ざしたものを私達に明示するのだ」
 
『H.R.GIGER × SORAYAMA』
日時: 2021.1.23 sat – 2021.2.7 sun  10:00-20:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日2/7は18時閉場
※12歳未満の方はご入場できません
※感染症拡大防止等の観点から入場者数の制限や、営業日時の変更及び休業となる場合がございます

会場: PARCO EVENT HALL
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋PARCO 14F / 06-7711-7401
展覧会公式サイト art.parco.jp

入場料: 1,000円(税込)
※各種割引対象外 
※駐車サービス除外
※映画鑑賞含む

主催: PARCO
キュレーション: Alessio Ascali and Shinji Nanzuka
ロゴデザイン: NANZUKA
会場・グラフィックデザイン: YAR

 
 
■限定商品
展覧会場にて、MEDICOM TOY から BE@RBRICK H.R.GIGER 100% & 400% /1000% のWHITE CHROME Ver. と BLACK CHROME Ver. を販売します。生前 H.R. GIGER 本人が製作した BE@RBRICK をベースに製作されたプレミアムな BE@RBRICK です。
※先着順で販売いたします。
※1回のご入場につきお1人様1点までのご購入とさせていただきます。

 
BE@RBRICK H.R.GIGER  1000%
WHITE CHROME Ver. / BLACK CHROME Ver.

販売価格: 各¥98,000(税抜) 各 全高 約700mm   
 

▲<1000% WHITE CHROME Ver.>
▲<1000% BLACK CHROME Ver.>

 
BE@RBRICK H.R.GIGER 100% & 400%
WHITE CHROME Ver. / BLACK CHROME Ver. 
販売価格: 各¥20,000(税抜) 各 全高 約70mm/280mm

▲<100% WHITE CHROME Ver.> 
▲<100% BLACK CHROME Ver.>
▲<400% WHITE CHROME Ver.>
▲<400% BLACK CHROME Ver.>

※画像はサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合がございます。 

(c) 2020 by HR GIGER. All rights reserved. BE@RBRICK TM & Ⓒ 2001-2020 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved. 
 
 
■展覧会記念書籍
展覧会の開催を記念して、kaleidoscope から本展の記念書籍が出版されます。会場では数量限定にて販売いたします。
※1回のご入場につきお1人様1点までのご購入とさせていただきます。
 
タイトル:「GIGER × SORAYAMA」
販売価格: 10,000円(税抜) ポスター、ステッカー付
サイズ: 26.5 × 36.5cm 
ページ: 104ページ
Edition: 1.000 copies

 
 
■ 空山 基『Sexy Robot floating』1/4 scale edition black ver. を抽選販売!
空山 基 の Sexy Robot floating を 1/4サイズで再現したedition の Black ver. 限定100体を先行抽選販売いたします。

(c) Hajime Sorayama Courtesy of NANZUKA
※画像はイメージです。
 
商品名:
Sexy Robot floating _1/4 scale black
2020
PVC, silver platen, ABS resin, alloy + LED light
color :  black metal
56 x 35 x 35 cm /
ed.500
販売価格: 150,000円 (税抜)
 
販売方法
本商品は限定生産につき、本展覧会『H.R.GIGER × SORAYAMA』にご入場いただいたお客様を対象にした抽選販売となります。
※1回のご入場につきお1人様1回まで抽選にご参加いただけます。抽選は会場内にて行います。
※当選発表は、当選された方にのみご案内させていただきます。
※詳細は展覧会公式サイト(art.parco.jp)をご確認ください。
 
 
 
■アーティストプロフィール

H.R. GIGER  | ハンス・リューディ・ギーガー
1940 – 2014年 スイス出身。
エアブラシを用い、人間の肉体のパーツと機械的造形とを組み合わせた作風で知られる。
50年以上にわたるキャリアの中で、家具、映画のプロップ、版画、絵画、彫刻など、様々な種類のメディアで作品を発表する。
第52回アカデミー視覚効果賞を受賞した映画『エイリアン』(1979年)のクリーチャーデザインは、彼の「死とフューチャリズムに対する圧倒的なビジョン」を世が知るきっかけとなった。

 
Hajime Sorayama | 空山 基

1947年 愛媛県出身。
1970年代初め頃より、驚異的な写実力を武器に、ピンナップのイラストレーターとしてキャリアを築く。
その名を世に知らしめた作品「セクシーロボット」シリーズ(1978年-)は、女性の人体美をロボットに取り込んだ表現で、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与えた。

 

 


 
■SNSも展開中…フォローよろしくお願いします! シェアもゼヒ~!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*