マイケルの貴重なパフォーマンス写真が一堂に… 東京ミッドタウンの FUJIFILM SQUARE で企画展「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~ が 7月10日(金)より開催!

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮)です。
「S40ニュース!」をお届けします。
 

東京ミッドタウンの FUJIFILM SQUARE (フジフイルム スクエア) で、2020年7月10日 (金) から7月30日 (木) まで、企画展「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~ が開催されます!

スリラー Image Credit:Photofest/Aflo
スリラー Image Credit:Alamy/Aflo

マイケル・ジャクソンの代表作からのスチル写真をアーカイブするとともに、世界中のファンを熱狂の渦へと巻き込んだ3つのワールドツアーでの圧巻のライブ・パフォーマンスを通して、映像と写真が今日までの音楽の発展に果たした役割を考察する、とのこと。

「バッド・ワールド・ツアー」「デンジャラス・ワールド・ツアー」「ヒストリー・ワールド・ツアー」と、3つのツアーで残された貴重なパフォーマンス写真を一挙展覧! しかも入場無料! ということで、MJファンはぜひ足を運んでみてください!

 

(以下、ニュースリリース より)
 
FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2020年7月10日(金)から7月30日(木)まで、FUJIFILM SQUARE企画展「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~を開催いたします。
 
1958年8月29日、アメリカ合衆国西部の産業都市インディアナ州ゲイリーの大家族の元に誕生したマイケル・ジャクソン。1969年、5人組兄弟グループ「ジャクソン5」の最年少リード・シンガーとしてデビューするやいなや、4曲連続シングル・ヒット・チャート首位獲得という記録を打ち立てスーパースターに。

その後、ソロ・アーティストとして1982年に発表したアルバム《スリラー》は全米チャート37週連続1位、第26回グラミー賞では8部門受賞という偉業を達成。1980年代から1990年代、音楽業界が最高潮を迎える中、「プロモーション・ビデオ」と呼ばれ、単なる宣伝材料として捉えられていた音楽ビデオを「ショート・フィルム」(短い映画)と新たに定義、芸術作品として昇華させたこともマイケル・ジャクソンが生み出した大きな革命のひとつです。

音楽と見事な調和・融合をみせた映像、彼自身の類まれなるダンス・パフォーマンスと演出家としての才能は、ビジュアル・イメージが重要な役割を果たす現在の音楽シーンの礎を築きました。その功績は「史上最も成功したエンターテイナー」として語り継がれ、2009年6月25日没後早くも10年の歳月が流れた今なお、彼のリアルタイムでの活動を知らない若い世代を含む多くのファンを魅了し続けています。

本展では、マイケル・ジャクソンの代表作からのスチール写真をアーカイブするとともに、世界中のファンを熱狂の渦へと巻き込んだ3つのワールドツアーでの圧巻のライブ・パフォーマンスを通して、映像と写真が今日までの音楽の発展に果たした役割を考察します。

第1章
わずか5歳で4人の兄たちと共に結成した「ジャクソン5」のリード・ボーカルに。名門レーベル「モータウン」からの華々しいデビュー後、10代後半の「ジャクソンズ」期には作詞・作曲家としての才能も開花。並行して続けたソロ活動でも記録的成功と革新を成し遂げます。本章では、『スリラー』『ビート・イット』『バッド』といった彼の代表曲の「ショート・フィルム」(ミュージック・ビデオ)のスチール写真を織り交ぜ紹介し、ライブや映像で世界のエンターテインメント界の頂点を駆け抜けたマイケル・ジャクソンの足跡をダイジェストでたどっていきます。

第2章
マイケル・ジャクソンが生み出すライブ・パフォーマンスは世界を熱狂させ、その後の「コンサート」の概念を変えました。日本を皮切りに全15カ国123公演が行われた初のソロ・ツアー「バッド・ワールド・ツアー」から、演出がよりダイナミックになった「デンジャラス・ワールド・ツアー」、過去最高の450万人を動員した「ヒストリー・ワールド・ツアー」。本章では3つのワールドツアーで残された貴重なパフォーマンス写真を一挙展覧します。

 
 
企画展名「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~

開催期間

2020年 7月10日(金)-7月30日(木)
10:00–19:00(最終日14:00まで・入場は閉館10分前まで) 会期中無休

会場

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号 東京ミッドタウン
TEL  03-6271-3350
FAX  03-6271-3352
URL  http://fujifilmsquare.jp

入場料
: 無料
※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入場無料にしております。
※ 混雑した場合、入場制限させていただく場合がございます。

主催
: 富士フイルム株式会社
監修: 西寺郷太(NONA REEVES)
企画制作: 株式会社クレヴィス
※写真展はやむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。
 


 
●西寺郷太氏 プロフィール
©ココモ・ブラザーズ 撮影:有高唯之
(c) ココモ・ブラザーズ 撮影:有高唯之

1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド「NONA REEVES」のシンガー、メイン・ソングライターとして、1997年デビュー。
以後、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても少年隊、SMAP、V6、YUKI、鈴木雅之、岡村靖幸、私立恵比寿中学などの多くの作品、アーティストに携わる。
日本屈指の80年代音楽研究家としても知られ、近年では伝承者としてテレビ・ラジオ出演、雑誌連載など精力的に活動。マイケル・ジャクソン、プリンス、ジョージ・マイケル(ワム!)などの公式ライナーノーツを手がける他、執筆した書籍の数々はベストセラーに。代表作に『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』(新潮文庫)、小説『噂のメロディー・メイカー』(扶桑社)、『プリンス論』(新潮新書)、『伝わるノートマジック』(スモール出版)。
 


 
■展示予定の作品(一部)
バッド・ワールド・ツアー Image Credit:Mirrorpix/Aflo
ジャクソン5 Image Credit:Paul Slaughter/Retna/Aflo
ジャクソン5 Image Credit:Paul Slaughter/Retna/Aflo
スムース・クリミナル Image Credit:Photofest/Aflo
スムース・クリミナル Image Credit:Photofest/Aflo
ヒストリー・ワールド・ツアー Image Credit:Mark Shenley/Camera Press/Aflo
ヒストリー・ワールド・ツアー Image Credit:Mark Shenley/Camera Press/Aflo

 


写真を中心とする富士フイルムのフォトギャラリー&ショップ。入館無料で、どなたでもお気軽にご覧いただけます。クオリティの高いさまざまなジャンルの写真を展示する富士フイルムフォトサロン、写真とカメラの歴史を学べる写真歴史博物館のほか、最新の富士フイルム製品をご体験いただけるコーナー、Xシリーズのプリント作品をご覧いただくギャラリーX、さらには、スキンケア・サプリメント商品の販売を行うショップもあり、幅広い層の方にお楽しみいただける施設です。年中無休(年末年始を除く)、入場無料。

 

富士フイルムフォトサロンは、公益社団法人企業メセナ協議会より芸術・文化振興による豊かな社会づくりの取り組みとして認定されました。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*