【昭和50年男】vol.005は只今発売中で~す!「カルチャー大変革期を突き抜けたオレたち」特集ちょい見せ! GAINAX~エヴァ編

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮)です。
タイトルはまたもしつこく、懐かしの『週刊〇潮』CM風に始めてみましたが…

おかげさまで、昨日6/11(木)に発売となりました、
『昭和50年男』vol.005/7月号
特集は「カルチャー大変革期を突き抜けたオレたち ~オレたちオタク世代~」!!
ということで、Twitterなど見てみますと、
個々人のオタクレベルの違いはさておき、’80年代末~’90年代にかけて
発展していったアニメやゲームにハマっていた昭和50年男世代であれば
なかなかに響く内容として、好意的に受け取っていただけたようでホッとしております。

中には「まるで自分史を見ているようで気恥ずかしい…w」
といった感想を持たれた方もいたようで、
よっしゃ、ならば “昭和50年男の当時のオタクライフを振り返る” という
ミッションにおいて、少なくとも大きくハズしてはいないハズ!…だと思いまス(笑)。

何はともあれ、表紙がエヴァ初号機!なので、今回の “ちょい見せ” では、
特集内の GAINAX~エヴァンゲリオン の記事の誌面サンプルを公開!

中身を見てから買いたいんだけど近所の本屋さんに置いてないよ~!
という方は、ご参考までに~。


「ハイパークリエイター集団 GAINAXストーリー… p.024~027

“昭和50年男にとって伝説の集団、ガイナックス。『新世紀エヴァンゲリオン』などのアニメ、ゲームやガレージキットなど、さまざまなジャンルをクロスオーバーして、ファンを盛り上げてきた会社の歴史をたどる。”…

ということで、庵野秀明監督はじめ伝説的なクリエイターが集い、さながら梁山泊の様相を呈していた ’80~’90年代のガイナックス。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』と、ハイクオリティのアニメ作品を世に送り出し、エヴァのずっと前からドハマりしていた昭和50年男も多いかもしれませんね。ゲーム分野でも『プリンセスメーカー』などは、後の育成シミュレーションゲーム、美少女ゲームに多大なる影響を与えましたよね…。

こちらの記事は、ちょうど(?)本日 6/12(木)に最新23巻が発売となった、島本和彦先生の『アオイホノオ』と一緒に読んでいただけると、なおよろしいのではないかと~。

「アニメに変革をもたらした 新世紀エヴァンゲリオン…p.028~029

“20世紀末、さまざまな文化ジャンルの中で急速に存在感を増していった「アニメ」。数ある作品の中でも特に、アニメという「サブカルチャー」を「カルチャー」へと高めたこの作品については、語っておかねばなるまい。世紀末に新世紀を見据えて作られた『新世紀エヴァンゲリオン』は、新時代をいち早くオレたちに見せてくれた!”

こちらの誌面は昨日も掲載しましたが、エヴァ記事の頭の見開きということで一応再掲。まさに「新世紀」を感じさせたエヴァの衝撃、その後のアニメやオタクカルチャーへの影響などが、昭和50年男目線でまとめられています。

「アニメファンを超えて日本列島が熱狂! エヴァンゲリオン現象…p.030~033

“『エヴァンゲリオン』は、現実の新世紀を迎え20年が経った今も、人々の心に宿り続けている。確かに新劇場版のヒットもその要因ではあるがが、かくも大きな存在であり続けているのはどうしてだろう? アニメ研究者の証言からその理由に迫る。”

続く4ページには、アニメ・特撮研究家の第一人者、氷川竜介氏が登場。テレビ版の終盤から劇場版への怒涛の展開によって “社会現象” 化し、アニメファンのみならず多くの人々の心に刻まれたエヴァ。現在に至るまでシリーズが続き、もはや “古典化” しつつある作品の魅力、その理由について語ってもらいました。


…といったワケで、いかがでしょう?

ギュギュッと凝縮された、内容の濃い10ページになっているかと思います。

が、これでも特集全体の、ほんの一部! まだまだいくよ~っ! てなことで、
少なくとも、「オレ、オタクな青春を送ってたよな~」と自負するというか自覚のある方は、
ぜひ手に入れて、読んでみてください! 叱咤激励もお待ちしております!! (笑)

クレタオンラインショップ でも、送料無料で販売中です!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*