ゲストに林 哲司氏を迎えて2時間生放送! ラジオ版「ザ・カセットテープ・ミュージック」 5月30日(土)24時00分~JFN系列にて放送!

24時間全国無料放送のBS放送局、BS12 トゥエルビで放送中の音楽バラエティ番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」のラジオ版が5月30日(土)に放送されます。

毎週日曜日の夜9時から放送中の音楽バラエティ番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、80年代歌謡曲を聴きながら、歌詞やメロディーに仕掛けられた魅力まで、自由にトークを繰り広げるという、前代未聞の珍・音楽バラエティー番組。ミュージシャン・芸人・俳優・コラムニストとマルチに活躍中のマキタスポーツと気鋭の音楽評論家スージー鈴木の音楽評論界の革命者と言われる二人が、80年代歌謡曲のすばらしさを、熱く語る番組です。

今回のラジオ版は1年ぶり3回目の放送で、5月30日(土)24時よりJFN系列「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気の Saturday Night~」への登場です。番組後半では、ゲストとして作曲家でありアレンジャーとしてもお馴染み、杏里さんの「悲しみがとまらない」、中森明菜さんの「北ウイング」など数々のヒット曲を世に送り出した林 哲司氏が登場します。どうぞお聴き逃しなく!

以下、リリースより

5月の「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night~」5週目スペシャルは、BS12 トゥエルビにて放送中「ザ・カセットテープ・ミュージック」 が1年ぶりの登場!MCのマキタスポーツと音楽評論家のスージー鈴木が深夜生放送で奥深き音楽の世界を語ります。
2020年のテーマは「シティとアーバン」。80年代歌謡曲で欠かせないワード「シティ・ポップ」。現在、日本の若者のみならず海外でも人気を博し、細野晴臣・矢野顕子などの旧タイトルは海外で復刻もされています。「シティ・ポップ」と呼ばれる80年代歌謡曲は多く存在しますが、その中には「アーバン」と呼ぶにふさわしい楽曲たちが紛れているのではないか?80年代歌謡曲における「シティ・ポップ」と「アーバン」について、その定義と違いを勝手に分析していきます。
さらに25時台ゲストには、数々の名曲を手掛けた林哲司さんをお迎えします。

【番組概要】

■放送日時
2020年5月30日(土)24:00~24:55/25:00~26:00

■ネット局
FM青森・FM岩手・FM秋田・FM山形・ FM群馬・FM栃木・FM石川・FM福井・FM岐阜・FM滋賀・FM三重・ FM山陰・ FM岡山・FM山口・FM香川・FM徳島・FM高知・FM長崎・FM大分・FM熊本・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄
※FM秋田・FM三重・FM熊本は25時台のみ
※放送時間は各局タイムテーブル参照
※「JFN PARK」「WIZ RADIO」「ドコデモFM」「radikoプレミアム」などのIPサイマル放送でも聴取可能

番組ホームページでは、過去2回のラジオの書き起こしも掲載中!

音楽バラエティ番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」公式ツイッターはこちら

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*