食品スーパーマーケットが新型コロナウイルス感染拡大防止を強化【ベルク】

新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなか、埼玉県鶴ヶ島市に本社をおき、関東の1都6県で食品スーパーマーケットを経営する「ベルク」が、感染拡大防止を強化することを発表しました。

緊急事態宣言を受けて、外出自粛を求められる状況ですが、食料品、特に買い置きのきかない生鮮食品は少なくとも数日に1度は買い出しに出かけることになります。3密というほどではないにしても、スーパーマーケットなどでは多くの来店者と従業員とのある程度の接触は避けられず、不安を感じる人もいると思いますが、店側が少しでも感染のリスクを防ぐべく、このような対策をとるというのは利用者にとってはとてもありがたいことです。

透明フィルムの設置

以下、リリースより

■ベルクの営業施策
 1. レジ従業員はマスク及び手袋を着用します
 2. レジにてお客様と従業員の間に透明フィルムの設置をします
 3. お客様のエコバック、マイバスケット等への詰め替えサービスを休止します

■店舗での取り組み
店舗での感染拡大を防止するため、特にお客様と従業員の距離が近くなるレジにおいて、従業員のマスク及び手袋の着用、透明フィルムの設置等の対応を実施いたします。
レジ担当責任者は、「お客様が安心してお買物できるように、また、レジ担当者が安心して働けるように、感染拡大防止の対策を徹底していく」としております。お客様にはレジでお並びいただく際に約1.8m間隔を確保するご協力をお願いします。
他の店舗従業員におきましては、通常の衛生管理に加え、出勤時に体調チェックを行ってまいります。

また、地域社会の食生活を担うライフラインとして、営業を継続させる事で、お客様に安心してお買物していただけるよう、「ベルクの誓い」を掲げます。

■ベルクの誓い
一、便乗値上げはいたしません!!
一、最大限、商品確保に努めます。
一、変わらず安心、安全な商品をご提供します。
一、Better Life with Community として地域社会のライフラインであり続けます。

■お客様へのお願い

感染拡大を防止するため店舗でのお買物は、お昼や夕方のピークタイムを避けたご来店をお願いいたします。何卒ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

店舗従業員も精一杯対応しておりますが、時節柄、お客様への対応が至らないこともあるかと存じます。緊急事態宣言が発令されたなか、従業員に対しても、どうか温かい目で接していただきますように、何卒ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*