家紋を意識したのは?

ジャーン、これが我が北村家の家紋であーる。なんで唐突に家紋なんじゃとツッコミたいでしょうそこのあなた。実はワタクシ、誌面の企画で家系図を作ることになったのだ。家系図作りを事業として展開している会社とのコラボ企画で、今まさに〆切を迎えようとしている3月11日発売号に掲載する記事を作っているところだ。以前もコラボ企画でフライフィッシングを楽しんだことがあり、今回もワクワクしている。職権濫用に思えなくもないが、許してちょうだい(笑)。

 

電気屋を営んでいた親父は長男で、僕はその長男だから家にとっては跡取りで、25年前に逝っちまったからそれ以来は家長だ。親父が7歳の時にその親父、つまり僕にとっては爺さんが逝っちまったそうで、あまり記憶や思い出が残っていないとよくこぼしていた。腕のいい職人さんだったということと、酒が原因で年の瀬に逝っちまったというのは聞いている。この爺さんが我が家の初代で、僕は三代目を25年前に襲名したということだ。今回はその爺さんの出どころまで調査してくれることになった。そこで、家紋がひとつの手かがりになる。かっこいいこの家紋については、誌面の方で解説させていただくことにする。

 

僕はこれまで家紋に興味を持ったことがなかった。紋付袴を着る唯一のチャンスだった成人式も、DCブームに乗ったナウでヤング(ウソ)な僕はスーツだった。てな訳で普段は彼岸にしか行かない墓参りに行ってきたのだ。そう、よくよく考えるとここくらいしか接点がない。今回の企画によって、このかっこいいマークが自分のルーツだということがわかっただけでもありがたいと思っている。

 

皆さんはご自身の家紋を知っているだろうか。また何かに使ったことはあるだろうか。確か親父の葬式でも使っていないと記憶しているのだが、どうだろう。皆さんの家紋との付き合いが知りたい。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*