昭和な中華料理店に大満足なワ・タ・シ!!

博多天神で「なーに食おうかな」とぶらついていると、昭和丸出しなエントランスの中華料理店『平和楼』を発見した。ちなみにこういう店構えを、昭和グルメ研究家の僕は「いい顔」と表現する。サイトの情報なんて、昭和なおいらが昭和な店を探すときには一切頼りにしない。研究家としての長年の感で街を探索しては、いい顔の店に入る。だってね、ナウでヤングな料理を求めているのではなく、ほっこりとうまい昭和な一皿を求めているのだから。

 

てな訳で、2階の受付に行くと素晴らししいっ。正真正銘の昭和な内装で、かなりでかい箱だ。後日公式サイトを見ると“福岡で最大の集客を誇る中華レストラン”とある。そう、昭和の店ってのは無駄にでかいところが多くあった。だが時間の流れにへこたれてしまい、多くがダメになっていったのだ。どっこいここはたくさんの客を飲み込んでいる。13時ごろに入店したのだが客でごった返していて、ちょっと侘び寂びのある昭和な店内にも関わらず、活気にあふれていて実に気持ちよかった。

 

メニューを開くと昭和22年の創業だと挨拶文があった。すげー、戦後間もなくの開店だ。この本店は、開店の地から天神に引っ越してきたそうで、それでもかなり古さを感じさせる。これがよい。そして従業員の動きがイキイキしていて、そのうえ早いったらない。デカ箱なのに料理は「早っ」とつぶやくほど次々に届けられるし、焼酎のロックもいい盛りだ(笑)。新しさは感じないが、正真正銘ほっこりとうまい昭和な一皿だ。

 

写真は皿うどんを名乗っているが、僕の目の錯覚か焼きそばにしか見えない(!?)。この味がまたまた昭和で、太めの麺が何とも言えない食感で楽しい。つまみ焼きそばである。そして今回感動的だったのが、四川麻婆豆腐で100円追加すると辛さを増せる。しかも、1〜3までのレベルが楽しめるそうで、弱っちいくせに最も辛い3を選択した。うまいうまい、が、辛い辛い。汗だくになりながらも美味しくいただいた僕だ。これもとくに華美な味付けでなく、安定感バッチリの1皿だった。思いがけず、昭和の中華を大満喫できた幸せなおっさんだったのさっ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*