第52話 奥州平泉。(1)

 
この本の仕事だけに集中できたら
どんなにすばらしいだろう。
と、愚痴のひとつもこぼしたくなる兼務ぶりなのである。
ところがこれもいいように使えることもある。

締め切りの恐怖に震える9月13日。
イベントの仕事で岩手まで行かねばならぬ。
かねてより、軽い旅の1ページものを
入れたいなと思っていた。
台割表にも“旅の空から”というタイトルが
ずいぶんと早い段階で入っている。
が、誰がやるのか?
どんな企画なのか?
この段階で神のみぞ知るという状態。

そこで、このタイミングを見逃す手はない!!
スーパー編集長からスーパー編集者へと変身した瞬間だ。
小笠原に
「平泉で1日取材してくるよ」
「いいですね〜。撮るんですよね?」
「うん、撮って書いちゃうよーん」

機材一式を背負い込み、
イベントが主たる目的であったはずの岩手出張に出かけた。
無事にイベントを終え、仲間と別れて
一関に安宿をとって翌日に備えた。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*