【S40News!】RG250Γのプラモ再販。

タミヤより、スズキのロードスポーツバイクRG250Γの1/12スケールプラスチックモデル組み立てキットが8月13日より再販されている。

83年に登場したRG250Γは、WGPを戦うスズキのレーサーRGΓそのままのイメージが話題を集めた一台で、レーサーレプリカのハシリとなったモデル。市販車初のアルミ合金角パイプフレームの採用や、45馬力の水冷2サイクル2気筒エンジン、多段膨張型マフラーやトリプルディスクブレーキ、3000rpm以下は表示しないタコメーターなど、まさにレーサーレプリカの名にふさわしい仕上がりであった。レーサーレプリカブームを経験してきた我々昭和40年男にとっては、思い出深い一台ではないだろうか。

本モデルは、85年4月に登場したRG250Γである。全日本ロードレースGPで活躍していた濃紺にレッドとゴールドのライン、そして狼をアレンジしたシンボルマークをあしらったもので、高い人気を集めた。これを1/12スケール、全長167mmのプラスチックモデルとして再現している(86年6月にラインナップされたシルバーベースの2種類のボディカラーに合わせたスライドマークが添付)。エキゾーストチャンバーを覆って後輪まで伸びたカウリングはもちろん、水冷2サイクル2気筒エンジンは点火プラグや2基のキャブレターまで精密にモデル化されている。当時、夢中になって組み立てたという人もいることだろう。

当時を思い出しつつ、改めて作ってみるのも楽しい。(写真はキットを組み立て、塗装したもの)

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*