野菜で血圧対策!全国初!生鮮葉物野菜でGABAの機能性表示食品『ソフトケールGABA(ギャバ)』2019 年1 月24 日新発売。

株式会社増田採種場は、やわらかくて食べやすい「ソフトケール」シリーズから、血圧対策に効果が認められているGABA を含む【機能性表示食品】『ソフトケールGABA(ギャバ)』を、2019 年1 月24 日(木)から発売開始する。

日本での高血圧患者数は人口の約10% に達していて(厚生労働省「平成26 年患者調査の概況」より)、予備群を含めた「高血圧が気になる層」は増加の傾向にあるという。
株式会社増田採種場では、「人生百年時代の健康寿命を考える。」をビジョンに「高血圧が気になる層」に対して、血圧や対ストレスに効果のあるγ- アミノ酪酸=GABA を多く含むケール系食品の開発を行ってきた。

新発売の「ソフトケールGABA(ギャバ)」は、GABA 成分を含む食品として2018 年12 月21 日に全国で初めて生鮮葉物野菜の機能性表示食品として消費者庁に受理された商品だ。

2018 年11 月1 日に販売を開始した機能性表示食品の「旬搾り青汁GABA(ギャバ)ケール」(野菜粉末健康食品)に続く、GABA シリーズの第2弾として、血圧が高めの人のセルフメンテナンスをサポートしてくれる新しい野菜の誕生と言えよう。

●機能性表示食品の内容

届出者名:株式会社増田採種場(代表取締役社長 増田寛之)
商品名:ソフトケールGABA(ギャバ)
機能性関与成分名:GABA(γ- アミノ酪酸 含有量12.3mg/100g)

「本品にはGABA が含まれます。GABA には血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。」
(一日当たりの摂取目安量 100g)

届出番号:D270
消費者庁受理日:2018年12 月21 日付け

●発売日:2019 年1 月24 日(木) 
●販売: マスダオンラインショップ(http://www.masudaseed.com)にて発売。全国の店舗販売で随時販売開始。

■商品概要
名称:ケール
商品名:ソフトケールGABA(ギャバ)
内容量:100g
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
生産者:株式会社増田採種場 静岡県磐田市上万能168-2

血圧といえば、昭和40年男世代のなかでも気になる人もかなりいるのではないだろうか。なかなか下げることは難しく、運動がいいと分かっていても続かなかったり、薬やサプリメントには頼りたくないという人は、食生活を見直すことがまずは大切。葉物野菜を食べるなら、血圧を下げる効果があると言われるGABAが多く含まれるこの「ソフトケールGABA」を選んでみてはいかがだろうか。それにしても、生鮮葉物野菜で機能性表示食品とは驚きだが、トマトなどでも、高リコピンを謳うものもあったりするので、これからは食材を選ぶときにはそういった表示なども気をつけて見てみてはいかが?野菜が身体によいというのは常識と言ってもいい時代、できればよりよい食材を選びたいものです!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。