『トレヴァー・ホーン リイマジンズ 〜 ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ』が日本先行発売!

世界で最も成功した音楽プロデューサーの一人であり、”80年代を創った男”と言われるイギリスの大プロデューサー、トレヴァー・ホーンが、自ら手掛けたヒット曲を中心に、80年代を彩った大ヒット曲の数々をフルオーケストラで再現する作品、『トレヴァー・ホーン リイマジンズ ~ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ』が2019年1月30日に日本先行発売される。

この作品には、ヴォーカルとして、今年ロシアW杯の開会式で歌を披露した、元男性ポップ・グループ“テイク・ザット”のロビー・ウィリアムズ、トレヴァーが過去にプロデュースしグラミー賞を受賞したシールをはじめ、シンプル・マインズのジム・カー、元スパンダー・バレエのトニー・ハドリー、オール・セインツや、英人気オーディション番組「Xファクター」で、あのワン・ダイレクションをくだして優勝したUKのシンガー・ソングライター、マット・カードルなどなど錚々たるラインナップで、全11組のボーカリストとグループが参加している。

収録される曲は、デヴィッド・ボウイ、ブルース・スプリングスティーン、デュラン・デュラン、ティナ・ターナー、a-ha、ニュー・オーダー、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、ティアーズ・フォー・フィアーズ、グレイス・ジョーンズ、イエスなど世界のヒットチャートを席巻したポップチューン。名プロデューサー、トレヴァー・ホーンにより新たな息吹が吹き込まれ、壮大なオーケストラアレンジで現代によみがえる。

日本盤はCD2枚組で、2017年8月に盟友ロル・クレーム(元10cc、ゴドレイ&クレーム)らと共にザ・トレヴァー・ホーン・バンドとして来日し、ビルボードライブライブ東京で披露したゴドレイ&クレームの「クライ」がボーナストラックとして収録されるという。

また、トレヴァーがプロデューサーとして全米チャート1位に送り込んだ、イエスの「ロンリー・ハート」を自ら歌唱していることにもご注目! リリースに先駆け、ロビー・ウィリアムズが歌う「ルール・ザ・ワールド」(原曲:ティアーズ・フォー・フィアーズ)のリリック・ビデオが公開されているので是非ご覧ください!

【商品情報】

Trevor Horn / Trevor Horn Reimagines – The Eighties Featuring the Sarm Orchestra

 トレヴァー・ホーン『トレヴァー・ホーン リイマジンズ 〜 ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ』

日本先行発売:2019年1月30日

品番:UMAA1112-1113(CD2枚組/25曲収録/日本盤ボーナストラック1曲収録)

価格:¥3,000(+税)

”80年代を創った男”と言われるトレヴァー・ホーン。昭和40年男世代にはとても懐かしい名曲の数々がオーケストラアレンジでどんな風によみがえっているのか? なんだかとても気になる! 25曲に加え、日本盤だけのボーナストラックもあるというCD2枚組の『トレヴァー・ホーン リイマジンズ ~ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ』ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか?

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。