“バラードの女王”髙橋真梨子の最新ライブを新春にWOWOWでオンエア!

1973年にリリースした「ジョニィへの伝言」でペドロ&カプリシャスのボーカルとして歌手活動を始めた髙橋真梨子。1978年にはソロデビューも果たし、45年もの間、数々の心を打つ名バラードと歌唱力でファンを魅了してきた。そんな彼女が2018年に行った「Mariko Takahashi Concert vol.42 2018 Katharsis」は、通算42回目となる全国ツアー。WOWOWでは2018年11月24日、東京国際フォーラムでの公演の模様を新春の2019年1月1日にオンエアする。

髙橋は2018年に4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Katharsis』(カタルシス)をリリース。これまで歩んできた人生の悲劇や喜劇を浄化(カタルシス)し、たどり着いた髙橋の集大成作品であり、情報番組のテーマ曲になった「逢いにゆくよ」、ファンクラブのイベントで初披露し会場中の涙をさらった「雲母(きらら)の波」などの収録曲を今回のコンサートでも熱唱した。

コンサート前半は、外国の美しい街並みなどが投影され、異国情緒にあふれるステージで、ペドロ&カプリシャス時代の名曲「五番街のマリーへ」「ジョニィへの伝言」をしっとりと歌った。さらに代表ナンバーである「桃色吐息」「ごめんね…」も披露し、客席を埋め尽くした5,000人のファンにあいさつした。
「みなさま、こんばんは。やはりこの国際フォーラムは温かい拍手がいただけていいですね」
客席からかかった「かわいい!」という声には、「かわいいと言われるとうれしいです。年を取ってもいい言葉ですね」と微笑み、二階席から自分の姿がちゃんと見えるか心配するひと幕も。ファンとの親しみのあるコミュニケーションを楽しんでいた。 

後半では、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「酒と泪と男と女」(河島英五)という男性ボーカルの歌を髙橋ならではの力強さでカバー。「はがゆい唇」「for you…」などの大ヒット曲のほか、1990年のシングル曲「ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら」も久しぶりに披露し、せつない女心を歌い上げる“バラードの女王”としての実力は健在であることを証明した。

そして、アンコールを経て「命の限り歌い続けよう」と誓う「海色の風~君住む場所へ~」でフィナーレ。「自分の限界を見極めながら、ステージでぶったおれるまで歌っていくしかない」と語り、歌手人生を全うするという決意表明をした。45年をかけて磨きあげた歌唱パフォーマンスとシンガーの髙橋真梨子として歌に捧げてきた生き方が、同世代はもちろん、若い世代のファンも惹きつけることを示した極上のライブ。ぜひ新年の始まりにテレビの前でじっくりと味わってほしい。

【番組情報】
髙橋真梨子 コンサート2018 -Katharsis-
2019年1月1日(火・祝) 夜9:00~ WOWOWプライム

【関連番組】
■髙橋真梨子 45年の軌跡 The 45th Anniversary Special
2019年1月1日(火・祝)夜7:45~ WOWOWプライム
レコードデビューから45周年のアニバーサリー特番。
秘蔵映像や関係者へのインタビューを交え、髙橋真梨子の歩んできた軌跡を振り返る。
■髙橋真梨子 コンサート2017 -PRELUDE-
2018年12月30日(日)午前9:10~ WOWOWライブ

【番組サイト】
https://www.wowow.co.jp/takahashi/

【プレゼント情報】
抽選で10名様に髙橋真梨子直筆サイン入り記念BOOKをプレゼント!
※WOWOWテレビ会員限定
【締切】2019年1月31日(木)夜10:00 →詳細は番組サイトへ!

日本を代表する女性ボーカリストである髙橋真梨子。彼女のオリジナル曲はもちろんだが、沢田研二や河島英五をカバーしているというのがなんとも楽しみだ! ジュリーの代表曲とも言えるあの名曲「勝手にしやがれ」をどんなふうにアレンジしているのだろう?今から放送が待ち遠しい。元日の夜9時はWOWOWプライムをお見逃しなく!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。