暴走するオシャレ心!「昭和40年男の悲惨な戦い」

昭和40年男の悲惨な戦い

昭和40年男の少年時代は、決して楽しいことばかりじゃなかった。今思えば笑っちゃうようなことでも、俺たちは真剣に悩み、戦っていた! ここではホロリと苦い〝悲惨な戦いの記憶〟を通じて、昭和40年代&50年代という時代を振り返ってみたい。

カッコよくなりたい一心で
周囲が見えなくなったあの日。

オシャレ心が芽生えた中学時代、不幸にも俺の頭は五分刈りだった。そして当時の中学男子は、“親が買った服を着る”のが普通で、日常着はジャージ。コーディネートなんて状況はありえなかった。
だが海の向こうから“バレンタインデー”がやって来ると、俺たちはソワソワした。チョコが欲しい、そのためにはオシャレしたい! しかし頭は五分刈り。あろうことか俺が通う中学は、男子は全員五分刈りと決まっていた。
中3の時、松田聖子がデビューするとクラスの女子全員がブラシつきドライヤー『くるくる』で髪をブロー、聖子ちゃんカットに大変身! うらやましかった。髪さえあればオシャレできるのに!と地団駄踏んだ中学3年間。そしてついに迎えた卒業の日、俺は誓った。しばらく髪は切らねーぞ、と。

満願成就、俺の髪は狂ったように伸び始めた!
さて髪が伸びたはいいが、どうすりゃいいのか。3年間の五分刈り生活は“髪はとかすもの”という常識すら俺から奪っていた。とりあえずブラシを購入。7:3に分けてみたが何だか…と迷える俺たちの前にオシャレ師匠が現れた。その名は〝たのきんトリオ〟! トシちゃんはオッサン、ヨッちゃんはアレ?って感じだからオシャレ師匠はマッチに決定。マッチ先生! 俺を含め昭和40年男子は、マッチ先生を手本にオシャレ道を爆走し始めた。

まず髪型。真ん中でフワッと分け、サイドをブラシで流す。ほどよく流れたらケープ大噴射! これで突風が吹いても一糸乱れぬ、さりげない(どこがだよ)オシャレヘアーが完成だ。ちなみにクセっ毛の俺は、毎朝ドライヤーの熱風をゴーゴー当て矯正していた。毛根が焼かれ、10年後に薄毛になるとも知らずゴーゴー。
髪型も決まった(と思っていた)ところで次は服装だ。当時のマッチ先生の定番はチェックのボタンダウン! さらに『ヤンヤン歌うスタジオ』で、先生は棒タイをあしらう上級テクも披露。コレだ! 俺はすぐさま千葉のセントラルプラザ(通称センプラ)に突入すると「棒タイありますか?」「はあ?」みたいな顔されながら棒タイGET。…ここで新たなボタンダウンが目に留まる。星条旗の刺繍、胸元に輝く「U.S.ARMY」の文字。アメリカ空軍仕立てのパイロットシャツ、超カッコいい! すぐさま購入。はずみで赤いベストも加わり、そしてその日は来た文化祭! 私服で登校できるこの日こそ、俺のオシャレを見せるチャンスだ。クラスの奴らは「ははーっ」とひれ伏すだろう!
俺は“ケープでガチガチに固めたヘアー、パイロットシャツに黒棒タイ赤ベスト、チノパンにデッキシューズ”というファッションで、颯爽と学校に乗り込んだ!
 「…へー、カッコいいじゃん」と言いながらも困惑気味の友達に「あれ?」と思ったが、きっと妬んでいるのだろう。担任の物理教師K先生が「…派手だな」と苦笑していたが、所詮はオヤジだ。マッチ先生直伝(もはや別物)のセンス、わかるはずもない。
というわけで俺の高校生活はパイロットシャツと共に過ぎたが、次第にボタンダウンもダサい感じになり、パイロットシャツはタンスの片隅に追いやられた。

その20数年後、意外な形でパイロットシャツに再会した。朝青龍関が何かやらかして、お詫びで登場した親方(元朝潮関)のお召物は…パイロットシャツ! 一時コレが話題になり、パイロットシャツが売り切れたりした。俺のセンスは時代を先取りし過ぎていたのか? モデルが親方ってのが何とも微妙だったが。
ちなみに高校卒業後、2浪の末入った大学で俺を待っていたのはしょうゆ顔ブーム! さっそく俺は仲村トオル先生を師と仰ぎ、ポロシャツのエリを立て、ダンガリーシャツの胸元をガバッと開け、新たなオシャレ道を突き進んだ。途中から自分とトオル先生の区別がつかなくなり、家族に自分を「トオル」と呼ばせていたりしたから病気だったのかもしれない。
 恋とオシャレは魔物だ。それは時々、男を狂わせる。フッ…。

文:カベルナリア吉田

【「昭和40年男」vol.36(2016年4月号)掲載】

カベルナリア吉田/昭和40年、北海道生まれの紀行ライター。普段は沖縄や島を歩き、紀行文を書いている。新刊『何度行っても変わらない沖縄』(林檎プロモーション)と『突撃!島酒場』(イカロス出版)絶賛?発売中! さらに秋には珍しく、シニア向けの東京お散歩本も出版予定。近著『狙われた島』(アルファベータブックス)もヨロシク。新宿Naked Loft1224日(!)にトークショー「日本のムカつく旅」開催するから来てねー! 175cm×86kg、乙女座O型

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。