【YKK AP】“初期費用ゼロの太陽光発電システム設置モデル”の提案開始!

YKK AP株式会社は、高性能な住宅づくりをすすめる工務店に対し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)や低炭素建築物の普及に有効な“初期費用ゼロの太陽光発電システム設置モデル”の提案を、モデル提供会社のハウステンボス株式会社、及びTEPCOホームテック株式会社と共同して10月から開始する。

このモデルは、太陽光発電設備を住宅屋根の提供(賃貸契約)やリース契約などにより、施主には初期費用がかからず、自然エネルギーで発電した電力を利用することで、電気料金を抑え、CO2削減により地球温暖化防止にも貢献できる。これまでは導入費用がかかるため、採用をあきらめていた太陽光発電の設置を後押しする提案だ。
太陽光発電設備の契約形態は、PPA(Power Purchase Agreement、電力購入契約)とリース契約を用意し、申請業務が簡単で、対応不可エリアも抑えたサービスの提供により、工務店が施主へ提案しやすいモデルとなっている。

YKK APでは、使うエネルギーを減らすための最適な窓として「APW」樹脂窓シリーズなどの提案に加え、創るエネルギーをふまえた住宅のエネルギー収支についても提案をすすめることで、ZEHや低炭素建築物、また再生可能エネルギーの普及を啓発していくという。

<提案モデル>

施主が太陽光発電システムを初期費用ゼロで導入できるモデル
・「ハウステンボスHOME太陽光でんき」 ハウステンボス株式会社
・「ソーラーエネカリ」 TEPCOホームテック株式会社
※提案モデルの概要は、下記の参考資料にてご確認ください。

<提案開始日>
 2018年10月1日

≪参考資料≫ 提案モデルの概要比較(2018年9月18日現在)

※1:サービスを利用するための手数料が別途かかる場合や、設置場所の状況により工事費用の負担が
発生する場合があります。
※2:消費電力量の制限があります。
※3:建築物の状況により、対象外となる場合があります。

太陽光発電、興味はあるがそのハードルとなるのが「初期費用」。その初期費用を回収するまでは何年もかかるとなると、ついその設置にも二の足を踏んでしまうというもの。リース契約などで初期費用を抑えるというシステムなら、検討してみたいという人もいるのでは? CO2を削減でき、電気料金も抑えられるなら一石二鳥! このモデルは、再生可能エネルギーの普及を加速させるための大きな一歩となるのではないだろうか。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。