たかが冷やしたぬき、されど冷やしたぬき。

仕事で知らない街に出かけて昼時と重なれば、探すのはそば屋だ。街にひっそりと佇むような、昭和なそば屋が大好きだ。玄関にはホンダのカブが置いてあり、植木があり、ショーケースにはホコリをかぶったサンプルがあるとなおいい。カレーとか中華そばとかもラインナップされていて、暖簾をくぐればおばちゃんの元気な声が響き渡る。これだけで幸せだから、そばの味なんてどうでもよい(笑)。いやいや、これだけ揃っていて美味けりゃそれこそ至福である。つい先日はまさしく至福を味わったのである。

 

この季節は、冷やしたぬきの世話になることが圧倒的に増える。冬もたぬきそばをちょくちょくオーダーする僕だから、どんだけ揚げ玉好きなんだって我ながら突っ込みたくなる。そばだしに溶け込んだあげ玉のコクがたまらない。天ぷらそばは高いしね。庶民は断然たぬきなのさっ。

 

写真の通り、ここの冷やしたぬきはちょっとだけ変わっていた。そばの上にあげ玉が乗り、その上にご覧のようにトッピングされるのだ。海苔と紅生姜はあまりお目にかかったことがなく、特に紅生姜は若干ながら抵抗があった。おそらく、僕の冷やしたぬき経験にないトッピングだった。

 

こちらが、現時点で僕がベスト冷やしたぬきの称号を与えている一杯だ。上に比べると丁寧に盛り付けられてるでしょ。キュウリが細くて、錦糸卵も高級感がある。そして、決め手は甘辛く炊いた干し椎茸で、これがじつに合う。薬味にはネギと大葉が添えられていて、夏の涼しさを演出してくれるのだ。僕が愛する浜松町の蕎麦屋、布屋更科の冷やしたぬきで、850円はちとお高いが月曜と雨の日の大盛り無料サービスを使うとグーンとコスパが上がる気分だ。おもしろいのは、貿易センタービル店は880円でつゆがぷっかけなこと。浜松町に2店ある布屋更科は微妙な差異があり、僕はそれさえも楽しむほど通っている。浜松町に来たら、ぜひ両店のはしごを楽しんでみるといい。

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*