藤波辰爾さんとガンのくれあい!?

「北村さん、藤波さんの目線に入ってください」とカメラマン。「藤波さん、グッと睨んでください」と続けるカメラマン。いやあ、こんな経験めったにないな。屈強の男とガンのくれあいだよ。でもね、なんとも美しい瞳で怖さはまったくなかった。吸い込まれるような魅力的な目で、惚れちまいそうな僕だったのさ。

 

大きな会議室を借りて取材させて頂いたのは藤波さんともう1人いて、こちらについてはまだちょっと引っ張らせてもらう。実は『昭和40年男』でこれまで積み重ねてきたプロレス記事の総集編を作ることになった。このブログを読んでくれているようなヘビーユーザーの方々は総集編は無視してもらっていいが、『昭和40年男』はまだまだびっくりするほど知らない方が多い。同級生と「久しぶり」なんて会って、当然ながら「今なにしてんの」なんて聞かれて「俺たち世代のための雑誌作ってんだよ」と返すとほとんどの場合「えー、なにそれ」となる。逆に言えば、もっともっと売れる可能性があるってことだ。宣伝費を捻出できない弱小出版社にとって、最も効果的な方法は書店に並べることだ。つうわけで、奇数月に本誌、偶数月に今回のような総集編を作ることで、知名度のアップにつなげようとの作戦に出ることにした。もちろんたくさん売れれば会社にとってもよろしい。これまでも『夢、あふれていた俺たちの時代』の総集編を発行してきたが、今回はプロレスだけでまとめたのである。

 

総集編とはいえ、書き下ろしページも入れたい。そこで巻頭に8ページのインタビュー記事を入れることにして、ビッグ対談を仕掛けようとその1人が藤波さんということだ。このカットはページの右側に縦で入れて、左側にレイアウトしたもう1人とガンのくれあいとなるようにとカメラマンにお願いした。そこで冒頭の指示がカメラマンから来たということだ。本当にいい経験だった。

 

今日はうちも絡んでのイベント、日本橋三越本店で開催されている『1980年代展』で14時から藤波さんのトークショーがあり、この日のお礼と応援を兼ねて出かける予定だ。タメ年読者の方はぜひ会場でお会いしましょう!!

 

 

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。