メジャーのレコーディングを体験!!

6月のこと、僕は東京某所のレコーティングスタジオにいた。とうとうレコーディングか…、と言ってももちろん僕じゃない。去年からお手伝いさせてもらっているフォレスタというコーラスグループだ。幾度となくこのサイトではお伝えしたきた彼らは、男女混声のグループでオペラやクラシックをピンでこなす実力者が揃っている。

 

人間とはここまで鍛え上げることができるのかとの圧倒的な声を持つ男女が、これでもかーっという圧巻の音圧と見事なハーモニーを奏でる。コンサートにこれまで10回ほどおじゃましているが、毎回必ず泣かされる。近しくお付き合いしていることが余計に感動を誘うのだろう。

 

15年近く続くグループで年間に15万人もの観客を動員する。年齢的には我々より上の世代で、毎度会場付近は異様な光景になる。どこにこれだけのお年寄りがいたのだろうと思うほどだ(笑)。それだけの実績がありながらメジャーデビューに至らなかったのは不思議な話だが、ここに来てついにテイチクがデビューを決めたのである。

 

そのレコーディングに立ち会う機会を得たのだ。シングルで2曲を録音するのに、夕方から深夜まで使って実に見事に仕上げていく様子を見られたのは幸福である。ストリングスのレコーディングが見られたのもありがたい経験だった。感動だったのはデイレクターの指示で、細かなところまでじつによく見つける。僕もそれなりに耳には自信があったが、やはりプロの世界ってのはすごいものだ。この体験が来年の末に紅白で聞けるのが楽しみである。同世代諸氏も是非ご注目を!!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。