「フジオロックフェスティバル2018」ボツ10年ライブ 第2弾出演アーティスト発表!

赤塚不二夫没後10年にあたる今年、命日の8月2日とその前日の8月1日に音楽と落語、盆踊りの融合イベント「フジオロックフェスティバル2018」が開催される。それに伴い先日、ボツ10年ライブ 第2弾出演アーティストが発表された。

フジオロックフェスティバルは赤塚不二夫没後10年にあたる今年、命日とその前日の8月1日(水)と2日(木)に、「ウケるためなら死んでもいい」との名言を残し、一生をかけてギャグをやりきった故・赤塚不二夫の意志を受け継ぎ、みんなで「バカ騒ぎ」する音楽と落語と盆踊りの融合イベントだ。

1日(水)にはザ・ガーデンルームで落語、「フジオ10年分のおバカ寄席」を昼夜にわたって開催し、ザ・ガーデンホールでは両日、ボツ10年ライブが開かれる。追加発表されたのはLIVEに出演する3組のアーティスト。まず1日(水)公演には“音楽”と“笑い”を融合させた「オトネタ」を提唱した活動を続けるマキタスポーツ。2日(木)公演には7月に新アルバム「VLP」をリリースするLEO今井率いるバンドセット、LEO IMAI(LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一)。そしてもう1組は16年ぶりに再始動したTOWA TEIのプロジェクト、Sweet Robots Against The Machine。新メンバーに砂原良徳、バカリズムが加わり3人組となってフジオロックフェスティバルに参戦するという。また、イベント期間中の両日にわたって恵比寿ガーデンプレイス内で“日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り”「バカ盆踊り」も開催。会場に吊るされる赤塚キャラクターが入ったオリジナル提灯に名前を入れることができるクラウドファンディングプロジェクトも受付中だ。

赤塚不二夫没後10年を偲んで「バカ騒ぎ」する2日間の「フジオロックフェスティバル2018」のチケットは、6月16日(土)12:00より各種プレイガイドにて発売されるというから、絶対に行きたいという人は早めにゲットしよう!

<フジオロックフェスティバル 2018公演概要>
日時:2018年8月1日(水)、2日(木)
会場:恵比寿ガーデンプレイス (落語:ザ・ガーデンルーム / LIVE:ザ・ガーデンホール)

【LIVE:ボツ10年ライブ】
8月1日(水)
出演:電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋+二階堂和美、マキタスポーツ 
8月2日(木)
出演:THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子、Sweet Robots Against The Machine (TOWA TEI+砂原良徳+バカリズム)、LEO IMAI (LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一) 

第2弾発表アーティスト:マキタスポーツ、Sweet Robots Against The Machine (TOWA TEI+砂原良徳+バカリズム)、LEO IMAI (LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一)

【落語:フジオ10年分のおバカ寄席】
昼席なのだ:8月1日(水)開場12:30/開演13:00(終演予定16:00)
主任 柳家喬太郎/他  寒空はだか、林家彦いち、三遊亭白鳥、清水宏、立川吉笑
夜席なのだ:8月1日(水)開場16:30/開演17:00 (終演予定 20:00)
主任 春風亭昇太/他  寒空はだか、桃月庵白酒、立川生志、水道橋博士、柳家わさび
※出演者・開催時間に関しては、変更になる場合があります。

【日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」】
日時:8月1日(水)&2日(木) /開催時間:近日発表
会場:恵比寿ガーデンプレイス センター広場
※荒天の場合、一部コンテンツが中止になる場合があります。
参加費:無料

【チケット価格】
落語:フジオ10年分のおバカ寄席(自由席/税込):昼席なのだ 4,800円 /夜席なのだ4,800円
ボツ10年ライブ(スタンディング/税込):8月1日(水)7,800円 / 8月2日(木)7,800円
※全チケット来場特典グッズ付き(オリジナル扇子)。特典グッズの引き換えはイベント当日に会場にて。
チケット一般販売:6月16日(土)12:00〜

フジオロックフェスティバル 2018/公式サイトはこちら

<クラウドファンディングプロジェクト概要>
「赤塚不二夫没10年、日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」開催へ!
募集期間:2018年5月17日(木)〜2018年6月21日(木)23:00までの35日間
個人・企業(法人)向けにバラエティ豊かな赤塚不二夫ならではの10種類のリターンメニューが用意されている。
お好きな名前と赤塚不二夫キャラクターを入れたオリジナル提灯の制作や、本プロジェクト限定リターンとして、「ボツ10年オリジナルビジュアル額装」等も用意。

 フジオロックフェスティバル 2018/クラウドファンディング支援サイトはこちら

 

赤塚不二夫が亡くなって、早いものでもう没後10年だ。本人が亡くなってもその作品は不滅で、その意志を受け継ぐものが「バカ騒ぎ」を繰り広げる。多くの人に愛された人だったのだということをつくづく感じることができるイベントになるのではないだろうか。赤塚不二夫の影響をたくさん受けた昭和40年男なら、ぜひとも足を運んでみたい「フジオロックフェスティバル 2018」が楽しみだ!

 

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*