河島英五さんの『野風増』を口ずさむ今日。

春だ、今日より暦の上では春だ。今年は寒い日が多くまだまだイメージは遠いが、なーに、春は必ずやってくる。そこへと確実に向かっていくスタートが今日だ。うーむ、気分がよろしい。

そして今日は31歳になる息子の誕生日である。春を連れてくる男になれなんて、立春と書いてたちはると読ませようかなんて本気で考えたが、めでたすぎるので却下した。あの日のことも忘れられない記憶で、僕は朝まで続いたライブの打ち上げを終えて友人宅で寝ていたから、見つからず大変だった。病院に駆けつけたときは、もうすでに生まれて何時間も経過していたというバカオヤジ丸出しだったのだ。その後兄弟を授かることなく、息子にはちょっと寂しい思いをさせてしまったのは折にふれ申し訳ない気持ちになる。まっ、仕方なしだ。

河島英五さんの名曲『野風増』をご存知だろうか。息子が20歳になる日を夢見た酒呑みの歌で、もうとっくに20歳は過ぎたが立春にはこの歌が頭の中でジングルする。もう1曲はちょっとネガティブながら杉田二郎さんが歌った『ANAK(息子)』だ。少女漫画で恐縮だが『ハイティーン・ブギ』で、生と死の表現の背後にこの曲の歌詞がものすごく印象的に描かれていた。名シーンだ。親になった者の心をつらい方向から書いている曲だが、誰もがこの気持ちには共感するだろう。いつもいつも2月4日に思い出す2曲だ。

さて、今宵は『野風増』のごとく息子と呑むことができるだろうか。お正月に呑んだばかりだが…。いくつになってもこの日を祝いたいと思うのも、変わらぬ親心である。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。