【タメ年たちの大活躍!】奥田民生モデルのギターが発売。

Tamio Okuda CF-100E Tamio Okuda CF-100E


昭和40年生まれのミュージシャン・奥田民生モデルのギター『Tamio Okuda CF-100E』が10月31日より全国の楽器小売店にて販売される。

本モデルは、ギブソン・アコースティックによるもの。同社と奥田の関係は深く、弾き語りスタイルによる『ひとり股旅』での演奏は、奥田とギブソン、そして参加したオ―ディエンスによるこれまでにないパフォーマンスであった。ギブソンはこれまでの奥田の輝かしい経歴と音楽シーンをリードし続ける影響力に敬意を表し、モデル化に踏み切ったという。

『Tamio Okuda CF-100E』は50年代に生産された『CF-100E』のデザインと、奥田カラーを融合。これまでも数々のアーティストモデルを製造してきたギブソンだが、『CF-100E』をベースにした例はないというから貴重だ。メーカー希望小売価格は49万3000円で、年内に150本を生産する予定となっている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。