【S40News!】イベント『昭和歌謡を現代オーディオで聴く!』東京にて開催。

昭和歌謡を現代オーディオで聴く!_01

カジハラ・ラボ、サエクコマース、ポーカロ・ラインの3社による合同プロジェクト・フォースは、東京・御茶ノ水にて試聴イベント『昭和歌謡を現代オーディオで聴く!』を7月12日に開催する。

このイベントは、各社の扱うコンポーネントから入門用、中級、上級の3つのシステム提案を受け、最新機器によるアナログレコードとCDの試聴ができるというイベント。

昭和歌謡を現代オーディオで聴く!_02

入門用の演奏機器は、スピーカー:TANGENT/EVO、アンプ:SPEC/AP50、CDプレーヤー:DENON/DCD755RE、アナログプレーヤー:SPEC/AP50。曲目はいしだあゆみ『ブルーライト横浜』、加山雄三『君といつまでも』他。

中級システムでは、スピーカー:mhi/MM-01A、アンプ:ROTEL/RA-1520、CDプレーヤー:ROTEL/RCD-1570、アナログプレーヤー:VPI/TRAVELER、カートリッジ:IKEDA 9TS。曲目は加藤和彦/北山 修『あの素晴らしい愛をもう一度』、山口百恵『いい日旅立ち』他。

上級システムでは、スピーカー:ProAc/STUDIO100、アンプ:ROTEL/RA-1570、CDプレーヤー:ROTEL/RCD1570他。曲目は松田聖子『瞳はダイヤモンド』、荒井由美『ひこうき雲』他。

これらの他にも、プレーヤーや周辺機器でのバリエーションが披露され、音源もサザンオールスターズや山下達郎など、耳馴染んだ昭和のヒット曲で試聴できるという。アナログレコードやCDの名盤を堂々と高音質で聴くことができる機会、お近くで興味のある人は足を運んでみよう。

開催日時は7月12日の14:00~16:00、会場はオーディオユニオン・アクセサリー館(東京都千代田区神田駿河台2-2-1-4F)。参加定員は20名で、入場無料となっている。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。