【タメ年たちの大活躍!】インチキ手廻しオルガン師・オグラが高円寺の盆踊りに登場。

『廻転唱歌』/オグラ&ジュンマキ堂
2013年にリリースされた『廻転唱歌』/オグラ&ジュンマキ堂

昭和40年生まれのインチキ手廻しオルガン師・オグラが、8月2日に第二回馬橋盆踊りにてミニライブを開催する。

オグラは1985年より青ジャージ、1993年より800ランプのVoとしてバンド活動を経て、2002年、自分で作った「インチキ手廻しオルガン」を廻しながら歌うスタイルでソロ活動開始した。チンドンユニットと共に『オグラ&ジュンマキ堂』で日本の古い唱歌、ラジオ歌謡などを歌い、老人介護施設、病院にも出演している。

現在、東京を中心に各地で独自なライブを展開し、テレビCM曲、盆踊り、ミュージカル音楽なども手がけるオグラが8/2に東京・高円寺の馬橋小学校グランドにて開催される地元商店街主催の盆踊りに登場する。

オグラ作詞作曲の『馬橋ホーホツ音頭』『とどろき豆太郎音頭』も演奏予定とのこと。盆踊りは入場無料、雨天の場合は翌日8月3日開催予定だ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。