【S40News!】缶ビールを氷点下まで冷やせる『プレミアムビールサーバー 極冷』。

 プレミアムビールサーバー 極冷_01

タカラトミーアーツは、缶ビールを急速冷却できるビールサーバー『プレミアムビールサーバー 極冷(ごくれい)』を5月22日に発売する。

このビールサーバーは、常温の缶ビールをわずか4分で4~6℃の飲み頃の冷たさに冷やすことができるというもの(350ml缶の場合)。さらに、氷と一緒に食塩を入れると、ビールを氷点下まで冷やすことが可能となっている。

プレミアムビールサーバー 極冷_02

手順は冷却容器に缶ビールをセットし、氷と水を入れ、スイッチをONにするだけ。本体のスクリューを高速回転させて氷と水をかくはんし、セットした缶の表面を冷水が流れることで、急速に熱交換して冷えてくれる。

プレミアムビールサーバー 極冷_03

ビールを冷やした後は、スイッチを切り替えると、本体のレバーを操作してジョッキやグラスに注ぐことができる。飲食店にある生ビールサーバーのような操作感で、レバーを手前に引くとビールがそのまま出る。奥に倒すとクリーミーな泡が出るので、泡の量を調節して自分だけの“黄金比ビール”を作るといった、注ぐことも楽しむことができる。

冷却容器の氷が溶けるまで冷たさをキープできるので、飲んでいる間に缶に残ったビールがぬるくなってしまうことがないという。また、氷が残っている間は、1本目の缶を飲みきったあとは2本目の缶に交換して、同じように冷やすことができる。

基本 CMYK

350ml缶・500ml缶に対応。電源はアウトドアでも使えるよう、乾電池式を採用(単3形アルカリ乾電池×4本使用・別売り)。本体サイズは242 × 283 × 134(mm)、重さは695g。価格は7,800円(税抜き)となっている。

 ©T-ARTS


最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*