【S40News!】日本仕様のスポーツツアラー『スバル レヴォーグ』発売。

 スバル レヴォーグ_1.6GT-S EyeSight_2

富士重工業は、新型スポーツツアラー『スバル レヴォーグ』を6月20日より発売する。

1.6GT-S EyeSight
1.6GT-S EyeSight
1.6GT
1.6GT

レヴォーグは『レガシィ ツーリングワゴン』の後継モデルとされる新型スポーツツアラー。日本の顧客ニーズに合うボディサイズや、快適な室内空間、利便性の高い荷室空間などのユーティリティ持ちつつ、スポーティな走りが楽しめるツーリングカーを目標に開発されてきた。

エンジン性能曲線 1.6L インテリジェント DIT
エンジン性能曲線
1.6L インテリジェント DIT
エンジン性能曲線 2.0L ハイパフォーマンス DIT
エンジン性能曲線
2.0L ハイパフォーマンス DIT

エンジンは1.6L と2.0L の2種類が用意されている。新開発となる『1.6L インテリジェント“DIT”』搭載車は、小排気量エンジンにターボ技術を採用することで、軽快な走りと燃費性能の向上を掲げられたもの。『2.0L ハイパフォーマンス“DIT”』搭載車では、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、高出力、高トルクの動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティなドライビングがもたらされるとしている。


EyeSight プリクラッシュブレーキイメージ
EyeSight プリクラッシュブレーキイメージ
EyeSight アクティブレーンキープイメージ
EyeSight アクティブレーンキープイメージ

さらに、新世代となったスバル独自の運転支援システム『EyeSight(ver.3)』搭載車もラインナップされる。従来モデルより広角かつ遠方まで捕捉し、カラー認識も実現した先進安全機能に進化。操舵支援機能を新たに追加されたことで、運転負荷軽減したドライブをサポートするという。


エクステリアイメージ 1.6GT-Sスバル レヴォーグ_インテリア 2.0GT-S EyeSight(ナビゲーションシステム、ステアリングオーディオリモコンはディーラー装着オプション)

駆動方式は全車4WD。また、すべてエコカー減税の対象モデルとなり、1.6L車は自動車取得税と重量税が免税(100%減税)に、2.0L車は自動車取得税が60%、重量税が50%軽減される。

 最適なボディサイズ

サイズは4,690 × 1,780 × 1,490(mm)、[1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”]の最高出力は170PS/4800-5600rpm、最大トルク25.5kgf・m/1800-4800rpm、燃料種類は無鉛レギュラーガソリン、燃料消費率(社内測定値)は17.4km/L、トランスミッションはリニアトロニック。[2.0ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”]の最高出力は300PS/5600rpm、最大トルクは40.8kgf・m/2000-4800rpm、燃料種類は無鉛プレミアムガソリン、燃料消費率(社内測定値)は13.2km/L、トランスミッションはスポーツリニアトロニックとなっている。

価格は『1.6 GT EyeSight』グレードで277万5,600円(消費税込み)、『1.6 GT EyeSight』グレードで334万8,000円となっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*