【S40News!】茶葉を挽いてお茶をたてる『ヘルシオ お茶プレッソ』。

ヘルシオ_お茶プレッソ_01

シャープは、茶葉に含まれる栄養成分をほとんど壊さずにお茶にできるお茶メーカー『ヘルシオ お茶プレッソ TE-GS10A』を、4月25日に発売する。

この製品は、日本の伝統的な茶道で使用する道具などを手本に、挽く、沸かす、点(た)てるを再現し、自動で入れてくれるお茶メーカー。

ヘルシオ_お茶プレッソ_02

ヘルシオ_お茶プレッソ_05抹茶をつくるための石臼にならい、茶葉を細かいパウダー状に挽く“お茶うす”を採用。低速で回転するセラミック製の小型臼が、茶葉を直径約20μm(マイクロメートル)の粉末にしてくれる。じっくりすりつぶすことで摩擦熱を抑え、茶葉の栄養成分をほとんど壊すことなく挽くことができるので、挽きたての茶葉ならではの香りが広がるという。

湯は背面のタンクで水を一度沸騰させてカルキ成分を取り除き、粉末茶に適した約80~90°Cにすることで、お茶本来のおいしさを引き出す。また、茶せんを参考にした“回転はめ”で挽いた粉末茶とお湯をムラなくていねいにかき混ぜる。

ヘルシオ_お茶プレッソ_03ヘルシオ_お茶プレッソ_04

茶葉を粉末にしてお茶をつくることによって、急須でいれたお茶と比較してカテキンが約1.9倍(同社比)になり、急須で入れたお茶には含まれないクロロフィルや食物繊維となどの成分を含んだ栄養価の高いお茶ができるという。

ヘルシオ_お茶プレッソ_06

また、緑茶や紅茶のほか、ほうじ茶など、好みの茶葉を使ってラテなどの飲み物を作ったり、料理やお菓子づくりなどの幅広い用途にも利用できる。 なお、4月15日までSHARP i CLUBの会員を対象にモニター販売を実施している。

カラーは、ブラック、ホワイトの2色。サイズは220 × 277 × 207(mm)で、重さは約2.6kg。電源コード長は約1.2m。価格はオープンプライスで、実勢予想価格は2万5,000円前後(税別)の見込みとなっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*