【タメ年たちの大活躍!】『スラムダンク』20周年記念Blu-rayが発売。

『SLAM DUNK Blu-ray Collection』として5BOX構成で7月11日より順次発売。価格は各17,280円。ジャケットのゼッケンナンバー10番を背負うのが桜木花道だ。 (C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション
『SLAM DUNK Blu-ray Collection』として5BOX構成で7月11日より順次発売。価格は各17,280円。ジャケットのゼッケンナンバー10番を背負うのが桜木花道だ。
(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

昭和40年生まれの声優・草尾 毅が主人公・桜木花道の声を演じる『スラムダンク』のテレビアニメ放送20周年を記念してBlu-rayが発売される。

草尾の声優デビューは1987年。『ドラゴンボールZ』のトランクスをはじめ、『ONE PIECE』のコーザ、『SLAM DUNK』の桜木花道、『AKIRA』の甲斐、『機動戦士ガンダムF91』のドレル・ロナなどのアニメの声優や、映画『インディージョーンズ最後の聖戦』でリバー・フェニックス、『ギルバート・グレイプ』『タイタニック』『ロミオとジュリエット』でレオナルド・ディカプリオの吹き替えを務め、出演作は多岐にわたる。

『スラムダンク』は、『バガボンド』や『リアル』の著者・井上雄彦氏が1990年より週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載したバスケットボールをテーマにしたマンガで、コミックスの売り上げが累計1億部に達する大人気作品だ。1993年にテレビアニメ化され、その主人公・桜木花道の声を草尾が務めた。『スラムダンク』を読んだことがある人なら、桜木花道の強烈なキャラクターはご存知だろう。桜木は24時間怒っているようなキャラクターで、すごく怒っていたはずなのに振り向いた瞬間ギャグを言ったり、独特な言葉遣いをしたりと、その声を演じるのはさぞや大変だろう…と想像する。草尾の声に注目しつつ、『スラムダンク』を見たことのない人はこの機会にぜひチェックしてみてほしい。スポ根マンガで育った昭和40年男なら胸に迫るものがあるのではないだろうか。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*