【タメ年たちの大活躍!】パンダ音楽祭が開催。

news_large_panda_logo昭和40年生まれのミュージシャン・ギターパンダ(山川のりを)が5月10日(土)に東京・上野で開催される日本一なごむ弾き語りフェス『パンダ音楽祭』に出演することが決まった。

本誌Vol.13の『自分色に生きる』に登場してくれた山川のりをは、パンダの着ぐるみに身を包み『ギターパンダ』として、日々、ひとり、ギターを抱え全国津々浦々でライブを行なっている。1980年代にはTHE BLUE HEARTS結成前の甲本ヒロトとともにザ・コーツのメンバーとして活動し、その後、ディープ&バイツのフロントマンとしてデビューし、90年代には忌野清志郎&2・3′Sにギタリストとして参加している。

そのギターパンダが出演する『パンダ音楽祭』は上野公園にある野外音楽堂で、お弁当やおやつをつまみながら、まったりと音楽を楽しむ一日を提供するという、ゆる~い空気の音楽祭だ。公演予定時間は6時間、飲食物の持ち込みOKで、途中入退場も自由。チケッとの発売は4月1日から始まる。春風を感じながら、まったりとギター弾き語りを楽しんでみてはいかがだろう。

■パンダ音楽祭

日時:2014年5月10日(土)

場所:東京都 上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂)

出演:曽我部恵一 / 奇妙礼太郎 / チャラン・ポ・ランタン / ギターパンダ / 前野健太 / 栗コーダーカルテットと佐藤良成(ハンバート ハンバート)

司会とオープニングアクト:藤岡みなみ

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

1件のコメント

  1. イラストはジャイアント・パンダですね。レッサー・パンダもお忘れなく。フィアット・パンダもね!
    山田パンダも?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*