【S40News!】真空管搭載のポータブルヘッドフォンアンプ『HP-V1』。

fostex_HP-V1_01

フォステクスは、真空管を搭載したポータブルヘッドフォンアンプ『HP-V1』を2月上旬に発売する。

この製品は、増幅部前段に真空管6N16B-Qを使用し、後段をOPAMP(オペアンプ)で構成したヘッドフォンアンプ。内部の構成に真空管やコンデンサーを使うことにより、アナログならではの質感を持つ音作りが重視されている。

fostex_HP-V1_02
フロント
fostex_HP-V1_03
リヤ

入力は3.5mmのステレオミニフォーンジャックというシンプルさ。しかし、増幅部は真空管の他に、スピーカーのネットワーク開発で培った技術によるオリジナル大型フィルムコンデンサーと、電解コンデンサーが採用されている本格的なものだ。

fostex_HP-V1_04fostex_HP-V1_05

接続するヘッドフォンはHi/Loのゲイン切替により、幅広くサポートされている。最大出力は32オーム負荷時で200mW。また、内蔵のリチウムイオンバッテリーで約10時間の連続動作が可能となっている。

fostex_HP-V1_06

ボディは軽量アルミ製で、同社製『HP-P1』をDACとして組み合わせる場合でもフィットするようデザインされた。

サイズは88 × 33 × 139(mm)、重さは約390グラム。付属品としてACアダプターの他、HiFC製のステレオミニケーブル1本が同梱する。価格は5万4,600円となっている。


最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*