【タメ年たちの大活躍!】阪本成一が宇宙を語る。

阪本は本誌『昭和40年男』vol.9に登場してくれた。
阪本は本誌『昭和40年男』vol.9に登場してくれた。

昭和40年生まれのJAXA宇宙科学研究所教授・阪本成一が、10月21日(月)に東京・芝浦工業大学豊洲キャンパスで宇宙についてトークショーを行なう。

阪本は宇宙航空研究開発機構(JAXA)で宇宙科学広報・普及主幹を務め、科学者の立場から宇宙科学研究に関わる普及や教育、渉外活動などを行なっている。もともと阪本はカール・セーガンに影響されて天文学の道へ進んだ。ところが大学ではボート漬けの毎日を過ごし、自らを体育会系天文学者と名乗る。国立天文台にて南米チリの電波望遠鏡ALMAに関わって広報活動の重要さに気づき、現職に。本誌vol.9で宇宙を特集をした際には、宇宙科学の広報マンとして飛び回る日々を話してくれた。

その阪本が、明日10月21日(月)にプラネタリウム・クリエーターの大平貴之と宇宙について語らうこととなった。当日このトークショーは『SPACE BALL』という移動式大型宇宙体感シアターで行なわれる。SPACE BALLはテレビ東京が、プラネタリウム・クリエーター大平貴之の開発プロデュース、JAXAの協力のもと製作した世界初の移動式宇宙体感シアターだ。直径約10mの球体スクリーン内部に、ガラスでできたフローティングステージがあり、前後左右、上下…全身が星空と映像、立体音響に包まれるというプラネタリウム。今年の8月にオープンし大変な人気を博している。そのSPACE BALLで繰り広げられる宇宙の話。宇宙科学者とプラネタリウムをつくる二人がどのような“宇宙話”をするのか楽しみだ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*