手ブレ補正を強化したチルト液晶搭載コンデジ『カシオ・EX-ZR1100』

EXILIM EX-ZR1100

EX-ZR1000
2012年11月発売のカシオ『EX-ZR1000』

カシオ計算機は、ハイスピードエクシリムの新製品『EX-ZR1100』を、9月20日より発売する。

昨年11月に発売された35mm判換算で24~300mmの光学12.5倍ズームレンズを搭載デジカメ『EX-ZR1000』をベースに手ブレ補正効果を高めたモデルだ。

HS手ブレ補正モードで撮影した場合、カメラを構えた時に起こる上下左右などの5つの手ブレを高度に補正。また、光学手ブレ補正と高速連写合成の組み合わせで、4.5段分に相当する手ブレ補正効果を実現したとしている。

EX-ZR1100EX-ZR1100また、92万画素の3.0型高精細チルト液晶を新たに採用しており、撮影した画像や映像をより美しく再現する。撮像素子は1/2.3型有効1,610万画素のCMOSセンサーで、レンズのF値は広角端で3.0、望遠端で5.9。サイズは107.5×61.5×36.7(mm)、重量は約256g。カラーは黒、白、ピンク、黄色の4色、価格はオープンで、実勢予想価格は4.5万円前後の見込みだ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*