【S40News!】スロットカーに再ブームの兆し!?

DSLOT43

DSLOT43
1/32スケールのコースにも対応できる大型サイズの可動式ガイド
DSLOT43
大型タイプの050モーターを採用。本モデルにはオプションの X-SPEEDモーターを標準装備
DSLOT43
車体裏側に磁石を装備しリヤタイヤのトラクションをコントロール。マグネットホルダーの位置で調整する
DSLOT43
モーターとギアユニットが一体となったパワーユニットを、メインシャシーから独立させたフローティング構造
DSLOT43
マグネットによる強力なダウンフォースに対する剛性も確保したシャフト
DSLOT43
家庭用の『Dslot43 スターターセット』は、8の字の2レーンコースと2台の車両をセット。価格は1万2,600円。

京商は、同社のスロットカーシリーズ『DSlot43』のニューモデルとして、2012年ニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝車・TOYOTA 86 Nur 2012を加える。

スロットカーはコースの溝(スロット)の両側から電気をとり、モーターを動かしコントローラーでスピード調節して走るミニカー。60年代にブームになったが、覚えている昭和40年男は少ないかもしれない。

現在のスロットカーの主流は1/32スケールだそうだが、自宅のホームコースでスピード感やコントロール性を楽しめ、なおかつマニアも満足できるパフォーマンスを発揮できるということから、あえてひと回り小さな1/43スケールにこだわり、2011年からラインナップしている。マグネットを装着して磁力によってトラクションを得て走るなど、1/32と同様のシステムを装備し、多くのパーツを共有できるため、1/32ユーザーもより気軽に楽しめるという。しかも、1/43はディスプレイ用のミニカーのサイズとしても広く普及しているため、これらをスロットカーに転用しやすいのも魅力だ。

なかなか奥の深そうなスロットカー。これを機に、スロットカーを始めてみてはいかがだろうか。価格は4,750円。

     

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。