浅草秘密基地だよーん。

「アル中ですから」
いいなあ、このセリフ言う人大好きだよ。
少しずつではあるが確実に盛り上がりを見せつつある、浅草秘密基地のレポートだ。
高知の興奮をかかえたまま、ふむ、いざ今宵は浅草じゃ。

いやあ、つくづく幸せ者である。
次から次へと刺激を受ける毎日に体は悲鳴をあげているものの、心はルンルン躍っている。
いつもどおり、ギターのセッティング&調整で7時過ぎに会場であるフィガロに到着した。
練習しながら来場者を待っていると、一応の開始時刻である8時を回ってしまった。
うっ、今日は編集部員も来ないぞ。
まずいぞ。
先週カメルーン戦にもかかわらずたくさん集まったことをはしゃいだ俺に罰が当たったか。
ついに1人ぼっちか?

約30分後、ドアが開いた。
とうとう4週連続登場となった伊藤さんが来店したのだ。
「今日はたくさん来ますよ」
と、気持ちはすっかり浅草秘密基地スタッフとなっている。
「今日はカメルーン戦もないし、雨も降っていないし、きっと来ます」
自信あふれる彼のなんとたくましいことか。
続いて今夜ここにいてはならないワケありな外部スタッフが登場した。
仕事から逃れているのか?
はたまた女性問題勃発か?
余計なことは詮索せずに、だがビールをしっかりと注文する謎の男Xなのだ。

そして続いて、最新号で早見優さんのインタビューとライティングで
昭和40年男に参加してくれた女性ライター、葉月さんが「こんばんわー」と入ってきた。
うーんここは「わんばんこー」だろと心の中で叫びながらも「♪よーこそぉー♪」な気分で迎えた。
続けざまに副編小笠原が「遅くなりましたー」とやって来て、
さらにさらにこれまた3週連続参加となる足立さんが登場だ。
ふむ、人数こそ寂しいが、スタートから8週連続で
編集部員だけだったとは思えないじゃないの。
「じゃあ、乾杯の写真を撮りましょう」と俺がいうと
「まだ来ます」
と、もはや浅草秘密基地番長といっていいだろう、伊藤さんが待ての指示だ。
うーん、どこから来るのかこの自信は?
すでに9時近いというのにだ。

そこに1人の子羊が現れた。
店内に微妙な空気が流れる。
というのも、店を貸し切っているわけでないから、一般客も当然入ってくる。
どっちだ?
しかもこの男、見た目はちょっと若いのだ。
静まりかえる店内に微妙な“間”が生まれた。

そこで突然、子羊は狼に変貌した。
バックから『昭和40年男』最新号をおもむろに取り出したのだ。
その瞬間、みんな拍手拍手の大歓迎だ。
初参加となるテコンドーファイターであり、歯科医師の堀内さんだ。
子供4人を持つ種馬、じゃない、狼に話を聞くと
昨日本屋で見つけたのだという。
表紙をめくってすぐの“今、この本を手にしているあなたへ”で買ったと。
うっ、泣きです。ありがとう。
そして、早速購入の翌日となる浅草秘密基地に参加とは、なんとも行動力がある。
しかもこの男、冒頭のセリフをさらりと吐く酒豪である。
ますますうれしい、また1人友が増えたのだ。
「さすが伊藤さん、来ましたね。じゃあ乾杯しましょう」
「まだ来ます」
「?」 (えーっ、でも番長には逆らえない俺だ)

堀内さんは福井県出身で、それはそれは貴重な情報をたくさんくれた。
金八さんをリアルタイムで見ていない。
8時だヨ!全員集合も見ていない。
「えーっ!?」
ただ、そこは自身も飲み込んでいて、再放送で見たから知っていると軽くいなす。
現象としてはちゃんととらえていた。
「民放が2つしかなかったから、いろんな番組をすごくよく覚えているんですよ」
ふむふむ、言うとおり出てくる出てくるヒーローたちだが、
俺には記憶がないものがいくつもあったもの。

ガンガンと盛り上がっていくと9時半に
またまた2週連続参加となる杢師さんが奥さんを伴って登場した。
ありがとう。
ここでやっと番長の許しが出て、乾杯の撮影となったのだ。

いつもどおり、懐かしい話だけでない。
ホントに様々な話に感心させられることしばしば。
堀内さんは歯科医師なんで、親不知のこととかね。
俺としてはあまり聞きたくない話がバシバシ出てきて、
歯の悩みがグンと増してしまったよ(苦笑)。

それにしても濃密な時間となりました。
盛り上がっている場なのでもっとあたためようとギターを構えたが、俺の曲全般暗いなあ。
今さらながら気がつかされ、しばらく固まってしまった。
やっとのことで想い出した“プリティ・ウーマン”をかまして、
そのまま2曲目にはサプライズで“ハッピー・バースデイ”をかました。
なんと杢師さん、めでたい誕生日とのこと。
それで奥さん同伴なのね、ステキだねぇ。
「誕生日なんかうれしくないわい」
と照れる杢師さんだが、みんなで祝ったこの夜は想い出になることでしょう。
3曲目はシングルヒットを狙うオリジナル“Hey 相棒”を入れた。
(編集部注:先日動画を公開したこの曲です)
この曲はオリコン1位を取るまで毎週営業させていただきま〜す(笑)。
そんでもって、昭和40年男にはなじみ深いのではないかと、
懐かしのチープ・トリックから日本だけのヒット曲“サレンダー”をかました。
みなさんあまりにもちゃんと聞いてくれるので
これ以上続けると会話の邪魔だなと早々に切り上げたのだった。

この後も濃密な話で終始し、12時過ぎ、よい子たちは家路をたどったのだった。
それにしても番長の強気に押されまくった夜だったな。
こんなバカな集いですが、皆さんぜひ気軽に遊びに来てください。
年齢性別は問いません。
浅草秘密基地は、あくまで読者の集いですから。
それでは来週も待ってま〜す。

やっと許しが出た恒例の乾杯写真だ。顔見せNGのXさんはトイレに隠れてますw
『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。