【S40News!】新型フィアット・パンダ発売。

フィアットパンダ フィアット クライスラー ジャパンは、新型フィアット・パンダを6月1日(土)から発売する。

フィアットパンダ
初代フィアットパンダ

魅力的なコンパクトカーとして、フィアットの歴史のなかでも特別な存在である同車。工業デザイナー界の巨匠・ジウジアーロによって開発された初代パンダが登場したのが1980年。機能的かつ斬新なデザインでたちまち人気を博し、20世紀を代表する傑作コンパクトカーと言われるまでになった。当時、昭和40年男はちょうど車への興味が深まり始めた中学3年生の頃。初代の登場を憶えているという人もいることだろう。

今回発売の『パンダ(Panda)』は、その3世代目に当たるモデルだ。初代モデルと、2004年のヨーロピアン・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた2代目、両方の思想を受け継ぎ、さらに機能性に磨きがかかり、洗練された仕上がりだという。その大きな特徴の一つが、インストルメントパネルのデザイン。初代パンダのアイデアを発展させ、メータクラスターや空調、オーディオなどの各種ユニット、エアアウトレットは同じ枠内に取り付けられたようになっており、インテリアトリムともコーディネートされた内装は、イタリアらしいお洒落感にあふれている。グローブボックスとは別に設けられた助手席前の大きな収納ポケットは、これまた初代パンダの工夫を再現したものだ。

フィアットパンダ

新型のボディサイズは先代に比べてわずかに大きいとはいえ、外寸が3,655×1,645×1,550(mm)、ホイールベース2,300mmと非常にコンパクト。それでいて、インテリアスペースとラゲッジスペースは拡大されており、室内幅は従来モデルに比べて全席で+26、後席で+5、室内長は+20(mm)、またラゲッジスペースの容量は+10Lの225Lとなっている。もちろん、パワートレーン部にも手抜かりはない。エンジンはフィアット500などにも搭載されている排気量0.9リッター、2気筒インタークーラー付ターボのツインエアエンジンを搭載。2011年度のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで4賞を獲得したパワーユニットで、優れた燃費とエミッション性能を実現している。

実用的でお洒落心をくすぐる3代目パンダは昭和40年男にもグッとくる一台ではないだろうか。総排気量875cc、最高出力85ps/5,501rpm、最大トルク14.8kgm/1,900rpm。ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)、価格は208万円。

   

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。