【S40News!】松本零士デザインの万年筆。

松本零士 万年筆

SAILOR9セーラー万年筆は、松本零士がデザインした万年筆『SAILOR9(セーラーナイン)』を4月20日(土)から発売する。

松本零士とセーラー万年筆、2者のつながりは数年前に遡る。同社は創業時から、広島県の海辺の町・呉を生産拠点としており、昭和14年に設置された工場は今も同社のメイン工場となっている。その呉市に大和ミュージアムこと呉市海事歴史科学館が2005年に開館、松本零士は同館の名誉館長に就任した。海への玄関口・呉が取り持つ縁で今回のコラボが実現したというわけだ。

松本零士ご存知のとおり松本零士は、『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』『宇宙海賊キャプテンハーロック』などの作品をとおし、我々昭和40年男をSF宇宙の世界へと誘ってくれた。1970年代後半から1980年代にかけては、松本零士一色だったという人もなかにはいることだろう。

新商品『SAILOR9』は、松本零士らしさが随所から感じられる。万年筆の中央部、キャップリング部分に目をやると、そこには松本零士のサインが。その上部にはシリアルナンバーが刻印され、同商品が特別な一本であることがうかがえる。

sailor9 天冠sailor9 ボトルインク


宇宙船をイメージしたというフォルムは、ディテールに配慮しキャップがなくとも転がらないようになっている。同社HPの松本のコメントによると「荒波が来ても沈まないといった意味も込めた」とのこと。また、キャップ上部・天冠には、彼が好きなスカル(ドクロ)のマークが入れられており、これは、「骨となっても戦う! 信念を貫く!」という決意表明なのだという。高級万年筆らしく、インクボトルから吸引するコンバーター式で、インクの色はインクブレンダーが今回特別に作った“零士ブルー”だ。オリジナルボトルの蓋には、キャプテンハーロックが描かれている。

sailor9ペン先up SAILER9


そして、松本ファンはすぐ気づいたであろう万年筆のネーミングは、「9(ナイン)は、一種完成を表す10の一歩手前の数。“これから10になる“成し遂げる!”という思いを込めて」付けられたという。
松本零士 メッセージカードA7
松本零士は今年で画業60周年を迎えるというが、人気は今も健在だ。かつて大人のアイテムと憧れた高級万年筆、松本ファンには特におすすめだ。サイズは直径18×長さ136.2(mm)、重さ27g、ペン先は14金、中字・中型。メーテルが描かれたメッセージカードやサイン入りオリジナルペンシースも付いており、価格は5万2,500円。


3件のコメント

  1. 雪で覆われたモンブラン山、その永遠の純白を讃えるために、ピュアホワイトのラッカー仕上げが採用。キャップトップに冠されるモンブランのシンボルマークには、スノークリスタルを使用し、モンブラン山脈の氷河や万年雪が表現されています。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*