【タメ年たちの大活躍!】スポーツキャスター・古田敦也が大阪マラソンに挑戦。

昭和40年生まれのスポーツキャスター・古田敦也が、11月25日に開催される第2回大阪マラソンにチャリティランナーとして走ることが決まった。

古田は大学卒業後、トヨタ自動車を経て、90年にヤクルトスワローズにドラフト2位で入団。打者としてはプロ入り2年目に首位打者を獲得し、捕手としては強肩と頭脳を活かした野球で、攻守ともにチームを牽引した。2006年には、プロ野球史上29年ぶりとなる選手権監督に就任し、翌年の現役引退と同時に監督も退任。現在はスポーツキャスターなどで活躍を続けている。

その古田が第1回の大阪マラソンに引き続き、今年も参加することとなった。参加にあたり古田は「昨年の第1回目にも参加させていただきました。大阪らしさが随所に溢れていて、沿道からの元気な声援が印象的なマラソンとなりました。今年も楽しみながら じっくり走ろうかと思います。またこの大会はチャリティ色が強い大会という印象がありますが、走る人も走らない人も元気になるようなそんな大会にしていけ ば、大阪からニッポンが元気になるのではないでしょうか?」とコメントしている。

ちなみに昨年の第1回での古田の記録は4時間39分と、自己ベスト更新はならず、自己ワースト記録として本人はとても不本意な結果に終わったようだ。今年はぜひ、自己記録更新をめざしてがんばってほしい。

■古田敦也ブログ『NEO

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

        

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。