【S40News!】ダイムラーが電動スクーターを発売。

独・ダイムラー社は、スマートブランドの電動スクーターを2014年に市販すると発表した。

同社は、2010年9月に開催されたパリモーターショーにて都市交通における電動製品の提案を行なっており、そのうちの一つとしてコンセプトモデル『eスクーター』を出品した。ホイール部に5馬力を発生するモーターを搭載し、最高速度は45km/h。電源にはリチウムイオンバッテリーを使用しており、1回の充電での最大走行距離は100km。充電は家庭用コンセントで約3~5時間とのことだった。また、メーター部にセットするスマートフォンがキーの代わりとなり、同時にメーターとしての役割も果たしていた。

もちろん、これらの仕様は発表当時のものであり、とくにバッテリーには大きな進化があるので、2014年の発売時には大幅な進化が見込まれるだろう。スマートフォンとの連携についても、おもしろいアイデアではあるが、現実性は薄いと思われる。その他の仕様についても詳細は未公表だ。こうした都市交通における電動モビリティの活用は各社で検討されており、今回はそうした提案の一つが実現に動き始めた段階だ。また、一方の雄であるBMWは、二輪において長い歴史を有しており、同様のコンセプトモデルも発表している。同じドイツのライバルが二輪に進出するという点で、興味深いものがある。今後、どのような展開になるのか、注目だ。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*