【タメ年たちの大活躍!】ミュージシャン・知久寿焼が清志郎コンピに参加。

バンド『たま』時代の知久寿焼(左から2番目)。デビュー以来、息の長い活動を続けていたが、2003年に解散した。

昭和40年生まれのミュージシャン・知久寿焼が忌野清志郎の名曲をウクレレでカバーするコンピレーションアルバム『ウクレレ・キヨシロー』に参加する。

知久寿焼(ちく としあき)は、流しの歌手だった叔父の影響を受け、高校在学中にギターの弾き語りを始めた。そして当時のアングラ音楽少年のたまり場であった東京・北千住にあるライブハウス『甚六屋』で石川浩司(写真左の通称「たまのランニング」)と出会い、1984年にバンド『たま』を結成した。

シュールな歌詞にアコースティックなサウンドを合わせた個性的な音楽。「♪今日人類がはじめて〜木星についたよ〜」の『さよなら人類』は聞き覚えのある人も多いことだろう。知久はそのたまで、ギター、マンドリン、ウクレレを担当し、キノコのような髪型にちゃんちゃんこ(冬季はどてら)・下駄履き・ギターを紐で肩から下げるというスタイルで演奏し、異彩を放っていた。そして長い活動を経て、2003年にバンドを解散してからはソロやさまざまなミュージシャンと共演するなどし、全国各地で音楽活動を続けている。

【収録曲】01. 雨あがりの夜空に / ウクレレカフェカルテット 02. スローバラード / ウクレレカフェカルテット 03. いい事ばかりはありゃしない / バンバンバザール&仲井戸"CHABO"麗市  04. パパの歌 / 栗コーダーカルテット 05. 山のふもとで犬と暮らしている / 栗コーダーカルテット 06. ぼくの好きな先生 / 知久寿焼とロケット・マツ 07. ヒッピーに捧ぐ / 知久寿焼とロケット・マツ 08. ムーンビーチの砂の上 / 春日“ハチ”博文 09. Oh! Baby / 春日“ハチ”博文 10. うんざり / マグロ(山川のりを&ウクレレえいじ) 11. トランジスタ・ラジオ / マグロ(山川のりを&ウクレレえいじ) 12. デイ・ドリーム・ビリーバー / U900

その知久が参加したアルバム『ウクレレ・キヨシロー』は、仲井戸”CHABO”麗市とバンバンバザールによるスペシャルユニットをはじめ、春日“ハチ”博文、6月号でインタビューした山川のりを(昭和40年男!)など、清志郎と縁の深いアーティストや栗コーダーカルテット、飯塚昌明(GRANRODEO)、田村玄一(LITTLE TEMPO)、川口義之(栗コーダーカルテット、渋さ知らズ)、夏秋文尚(ムーンライダスのサポート・ミュージシャンなど)によるウクレレカフェカルテットなど、7組が12曲をカバーしている。知久は6曲目『ぼくの好きな先生』と7曲目『ヒッピーに捧ぐ』に“知久寿焼とロケット・マツ”名義で登場する。発売が楽しみだ。

知久寿焼web site

■知久が参加するバンド『パスカルズ』公式サイト

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!


    

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

  1. 今さっき金冠日食を観た後でたまの記事を読むと、全然関係無いはずだがタイムリーな感じが何となくする。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。