次号の表紙はこれじゃーっ!!

 

大編集後記の真っ只中ではあるが、本日大安である。奇数月といえば、末日に カワイイカワイイ妹が旅立つ。♪段々畑とさよならするのよ~ と、それを眺めながら心配している兄貴の心境である。書店で『昭和40年男』が入っている男性誌コーナーに並んでしまうという、イジメを受けないか。キチンと女性誌コーナーに入れてもらえるか。今回の表紙だと音楽誌コーナーもターゲットしたいところで、ベストは双方の棚に収めてもらえることだ。最悪なのは『昭和40年男』や『昭和50年男』と並べられてしまうことで、悔しいかなままある。これだけ堂々と “女” としているのに残念でならない。

 

表紙を飾っていただいたのは BUCK-TICK だ。ヴォーカル の櫻井さんとギターの今井さんのお二人で、昭和40年男である (櫻井さんは41年の早生まれ) 。メジャーデビューが 1987年 (35周年イヤー!!) だから、熱狂したのはやや下の世代ということになるだろうか。妹の『昭和45年女・1970年女』がズバリのターゲットだったということだろう。はテレビで放送された彼らのライブを録画して、自分のライブのためにずいぶんと勉強させてもらった。カッコいいのだよ。

 

すばらしいのは現在も一線で活躍していることと、そのメンバーがオリジナルメンバーであることだ。若気の至りによる解散やメンバーチェンジはバンドのあたり前田のクラッカーで、大人になって再結成なんてのもよくある話だ。クイーンやレッド・ツェッペリンはデビューからメンバー不動だったが、活動年月がまったく異なる。それにクイーンはフレディのソロ活動でかなり危なかった時期もある。映画『ボヘミアン・ラプソディ』ではそこがストーリーの焦点になっていたくらいだもの。

 

彼らを表紙に起用して このタイトルはパシッと決まっている。特集を構成した面々には、俺たち世代にも馴染み深い名前がちらほら見えるから、きっと楽しめる一冊だと思う。ただし、女子目線が炸裂するページも多いから、同世代男子の購入は書店でめくってからにした方がいいだろう。僕だったら買いだな。と、この決め手は後日つぶやかせてもらう。発売は来週、9月29日 (木) だ。もう少し待たれよ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*