80’sキッズ注目の『わんぱっくコミック』電子復刻Ⅱ期6月分配信!『無限戦士ヴァリス』に水戸黄門、広井王子原作ファンタジーの3作!!

おはこんばんちはです。昭和50年男向け「S50ニュース!」をお送りします。

昭和50年男世代がガキンチョだった ’80年代、コロコロ、ボンボンに続けとばかりに登場した第三の少年ホビーコミック誌、徳間書店の『わんぱっくコミック』。その掲載作品を電子書籍として復刻した「わんぱっくコミック・リバイバル」を本家・徳間書店が展開中です。
 
同シリーズについては、これまでもこちらのニュースで度々紹介してきたんですが、今年4月からは「ゲーム必勝テクニック完ペキ版」を中心とする「第Ⅱ期」がスタート。第3弾となる6月分の3作品が、本日 2022年 6月16日 (水) より各電子書籍ストアで配信されています。
 
今回のラインナップは、テレビゲームからのコミカライズでは、ビキニアーマー系JK戦士が縦横スクロールで大活躍の『無限戦士ヴァリス』。さらに、アニメ化ゲーム化もされて子供にも人気?だった黄門さまのゲームコミック『天下の御意見番 水戸黄門』、『天外魔境』シリーズなどで知られる広井王子氏原作のファンタジー系コミック『風の民リューバ』という3作品。

当時全然触れていなかった作品であっても、読めばミドル80’sガキンチョライフの空気を濃厚に味わえるハズ…ってことで、今回も当然要チェックです!
 

■「わんぱっくコミック・リバイバル」6月配信作品

 
1相原和典・広井王子『風の民リューバ』
©2022 Kazunori Aihara  ©2022 Ohji Hiroi

ロッテの食玩シリーズ「ネクロスの要塞」の企画を皮切りに、アニメ『魔神英雄伝ワタル』のプロデュース、ハドソン発のテレビゲーム『天外魔境』シリーズの制作で知られる広井王子氏が原作のファンタジー系ストーリー。もともとフィギュア&カードのオマケ企画だったとか? 作画は、『わんぱっくコミック』で展開された「必勝テクニック完ペキ版」で、ファミコン用ソフト『スーパースターフォース』(テクモ/ ’86) のコミカライズも手がけた相原和典先生。

修行の旅に出た主人公・風の民リューバは、囚われていた女盗賊フィーメルを救い、やがて、狩人ダンカン、魔法院のエグゼも旅の仲間に加わる。同じ頃、イオの国では司政官・バクーンが魔法院に叛乱を起こし…。バクーンの迷路城で「光の剣」と「闇の剣」が雌雄を決する!

note
https://note.com/yaen2940/n/nd751522038cf
 
 

2.こばやし将『夢幻戦士ヴァリス』
©2022 Susumu Kobayashi

標題作は、PC-8801mkⅡSR、X1、MSXなどのパソコン用ゲームとしてウルフチームが開発、日本テレネットが1986年に発売し、翌 ’87年8月にはファミコン版も徳間書店から発売された『無限戦士ヴァリス』のコミカライズ。

ごくふつうの女子高生・優子を何度となく襲う幻聴。それは、夢幻魔王ログレスに攻められたヴァニティの王女ヴァリアからの、救いを求める声だった…。

作者は「必勝テクニック完ペキ版」で『デッドゾーン』((サン電子/86) や『うっでぃぽこ』(デービーソフト/ ’87) のコミカライズも手がけた、こばやし雅先生。表題作の他にも6作品を収録。巻末には特典イラストページも。

note
https://note.com/yaen2940/n/nd59596b45bff
 
 

3.しごと大介『ゲームコミック  天下の御意見番 水戸黄門』
©2022 Daisuke Shigoto

 
ご存知、水戸黄門の諸国漫遊の旅をゲームコミック化。作者は『わんぱっくコミック』の編集部員が登場する読者コーナーマンガ『ファミコン突撃隊』や、「必勝テクニック完ペキ版」でファミコンソフト『かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次』(サン電子/ ’86) のコミカライズも担当した、しごと大介先生。
 
世の中の不正をただすため、助さん・格さんとともに印籠を懐に、日本全国各地を旅することとなった黄門さま。キミも黄門さまになって、おもしろさ120%のわがまま旅 (!?) を体験してみよう!
 
note
https://note.com/yaen2940/n/n7c1fced74fff
 
 

■配信先

・Kindleストア (Amazon)
・楽天Kobo 電子書籍ストア
・honto
・ブックライブ
・ebookjapan
・Renta! (パピレス)
・AppleBooks
・Kinoppy
・comic.jp
・ひかりTVブックス
・ヨドバシ
・マンガBANG
・LINEまんが
・BOOK☆WALKER
・dbook
・auブックパス
・Readerstore
・DL.site.com
・DMM

 など 電子書籍を販売するネット書店 ※一部書店は順次配信予定
 
  
(「昭和トリオ」 “Web担当A” ) ※文中敬称略
 

[以下、徳間書店  ニュースリリース より ※6/13付]

株式会社徳間書店(本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:小宮英行)は、昭和60~64年に刊行していた漫画雑誌「わんぱっくコミック」をデジタル化して、シリーズ「わんぱっくコミック・リバイバル」として、掲載作品を電子書籍で単行本化して刊行いたします。2021年8月からストーリー物を中心とした第Ⅰ期がスタートしていましたが、2022年4月からゲーム必勝テクニック完ペキ版を中心とする第Ⅱ期配信が開始しています。今回は第Ⅱ期の第3回配信となります。
 
■配信開始日 2022年6月16日(木) ※全3点
■配信価格  本体価格:900円(税込価格:990円)
 

▲「わんぱっくコミック」(昭和63年 11月号 表紙)

『わんぱっくコミック』は昭和60年に臨時増刊として刊行した漫画雑誌で、昭和61年5月から本格的に月刊誌化いたしました。読者層は子供向けで、コロコロコミックやコミックボンボンなど小学生の年齢層をターゲットとしていました。当時はファミコンなどゲーム機文化が流行した時代だったので、ゲームのコミカライズ、ゲーム攻略漫画などを中心に構成され、このほかに時代を風靡したラジコン漫画も多く掲載されました。ゲーム文化のピークの後には、流行したシールをテーマとした漫画やオリジナル作品に主流が変わっていったのです。
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*