【タメ年たちの大活躍!】「ヴォイニッチの科学書」ナビゲーターのトークライブ。

科学の話題で楽しめる社会の実現を目指し、科学ジャーナリスト、サイエンスコミュニケーターとして活躍している中西貴之氏、通称おびお氏。ここで紹介するということはもちろん彼もタメ年だ。

おびお氏は、毎週、のべ5万人がダウンロード (スゴッ!) するという大人気科学系ポッドキャスト番組『ヴォイニッチの科学書』にてナビゲーターを務めている。この番組のサイトを見ると「最新の科学技術にまつわるおもしろい話をわかりやすく解説!」とある。さらに「雑誌『Newton』を読んだことがあったり、見るとつい買ってしまう方!」におすすめだとか。本誌でも以前に宇宙特集を掲載 (vol.9) したことがあるが、『Newton』的な世界観というか、サイエンスが好きな人、昭和40年男には多いと思う。そんな人には興味深い番組と言えそうだ。過去のバックナンバーを見てみると、下記のようなタイトルがならぶ。

 Chapter-376 IT医療
 Chapter-375 シーラカンスは陸上生活の準備をしていた
 Chapter-374 さよならベテルギウス
 Chapter-373 太陽観測衛星「ひので」が発見した太陽の新事実
 Chapter-372 動物たちの不思議
 Chapter-371 血液型と病気の関係/他
 Chapter-370 あくびの役割が少しずつ分かってきた

なかなか心引かれるテーマである。とくにシーラカンスなんて、我々世代には実に懐かしい!

さて、そんなおびお氏が、3月17日に、東京・阿佐ヶ谷 LoftAにてトークライブに出演する。タイトルは『Talk & Music Diner Voynich in Tokyo 2012「ここまで進んだ次世代医薬品」』。なんとも難しそうなタイトルではあるが、出演者のところには、おびお氏に並んで「薬剤師シンガーソングライターの薬師るりの登場」とある。薬剤師シンガーソングライターという職業があったのか… (もちろん、二足のわらじということだろうが) 。詳細情報は不明ながらも、何か音楽や歌をからめたイベントを予感させる。

開場が18時、開演が19時からで、チケットは前売 2,000円/当日 2,500円 (共に飲食代別) 。詳しくはサイトを参照のこと。興味がある人は足を運んでみてはいかがだろう。もちろん、ポッドキャスト『ヴォイニッチの科学書』を聴いてみてからでもいいだろう。無料試聴版もあるようなので、ぜひお試しを。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*