「僕らの国でも」が響いてる。

梅は咲いたか、桜はまだかいな♪ときたもんだ。いやいや、そんな季節はもう遥か彼方かのごとく、初夏を感じる今日この頃はこいつが我が街の主役だ。きちんと季節の彩りを連れてきてくれる、花ってのはいいものですな。少しずつ春めいてきた頃の梅は冬と春まじりを表現して、いよいよ春到来の桜はブワッといく。そして初夏に向かって強く強く咲くのが今時期のツツジ、サツキだ。まさしく皐月の花である。

 

こう見えて、植物が大好きな少年だった。近所の花屋でタネを買ってきては育てた。電気屋の我が家において、日当たりのいい場所は店を開けていたから、育ちはいつもよくなかった。それでも自分で育てる醍醐味を感じて、毎春になると花屋の店頭で時間をかけて選んでいた。荒川区役所が近くて、隣接の公園で花を愛でる時間も大好きだった。ちょっと遠出すれば、上野公園や飛鳥山公園だ。この時期に咲き乱れるツツジを毎年心待ちにしていたのは、この花が好きなのと夏が近づいてきたことを実感できるからだ。そう、夏生まれの僕とってその7月とともに、このワクワク感のある5月は2大マンスリーなのである。

 

と、こんな悠長なことを考えられる今の我々は、どんだけ幸せなんだ。毎日テレビから流れてくる映像に、誰もが心を痛めながら日々を過ごしていることだろう。なぜ人間とはこうも愚かなのだ。希望を持てなんて口が裂けても言えないほどの絶望がそこにある。悔しいが何もできない俺たちだ。

 

コロナ以前のこと。「やっとの一歩を踏み出せ」という曲を書いた。サビの一節を「苦しみ抜いてるヤツにも なにかに怯えるヤツにも 真っ暗闇の俺たちにも 必ず朝は訪れる 平等なんてありえない 永遠なんてありえない 恐怖の中の俺たちにも 咲く一輪の花がある」とした。まるでコロナに対しての曲のようにシフトしたと思っていたが、今毎日見させられる映像に対してこの歌は、まるで陳腐なものに成り下がってしまった。映像から咲く一輪の花は見えない。伊集院 静 (伊達 歩) さんがレイジーのファイナルアルバムに提供した「僕らの国でも」が、40年以上経った今もそのままで響くのがなんともやるせない。花はトゲトゲした胸を少しだけ静めてくれるから、どうも今年はその時間が増えた。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*