みんな観に行ってしまえ!「伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展」フォトレポート。貴重な資料や新作プラモ試作品も! 3/21まで!!

[1/3]

おはこんばんちはです。
「S40ニュース!」「S50ニュース!」ドッチーモ的にお送りします。
 
先日のこちらのニュースにて、アオシマが開発中の新作プラモ「1/450  伝説巨神イデオン」とともにご紹介した『伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展』
 
1980年代初頭、アオシマから『伝説巨神イデオン』のプラモが発売されていた当時から評価が高かった、SFマインドあふるるボックスアートの数々。それらを間近でじっくり観られる貴重な機会とあって、アニメファン、プラモファン待望の展覧会なんであります。

が、2022年 3月10日 (木) から 3月21日 (月・祝) まで… と意外に会期が短く、気づいたらもう今週末の連休で終了…! ということで、果たしてどんな感じかな?と観て参りましたよ~。

▲『伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展』は、マルイシティ横浜 7F イベントスペースで3月21日 (月・祝) まで

 
で、結論…

みんな、横浜に行ってしまえ~!!

ということで、イデオンファン、アオシマファンならば絶対行っておくべき!!
という内容でありました!

フフン、もうとっくに行ったっつーの… というお方も多いかもしれませんが、遅れ馳せながら以下、百聞は一見に如かず式 (?) に、フォトレポートという形で展覧会の様子をお伝えしたいと思います。おぉっ!と思ったら、ゼヒ会場へ!
  
 

■まさにセンス・オブ・ワンダー! 美麗なボックスアートがズラリ

まず会場に足を踏み入れるや、聞こえるかい、聞こえるだろう~♪ と、すぎやまこういち先生作曲、たいらいさお氏歌唱のOP主題歌「復活のイデオン」が流れてきて、いきなりテンションアップすること間違いナシ!

で、会場は無料で観られる開発資料展示&物販エリアと、有料のボックスアート展示エリア (入場料は800円・税込) に分かれているんですが、最初はやはりメインのボックスアートから観ていきましょう。以下、テキストはキャプションのみになりますが、思わず高揚してしまう雰囲気が伝わればありがたやです!
 

▲有料展示であるボックスアート展のスペース脇には、アオシマの青嶋大輔社長からのお花が
▲入口からすぐに、青嶋社長と、イデオンをデザインしたメカニック・デザイナー樋口雄一氏からのメッセージ。そうそう、イデオンてそもそも『タンサー5』のロボット版としてデザインされたんですよねぇ。それが富野力 (ちから) で伝説巨神に!
▲そしてボックスアート展示の “燃える亜空間” に突入! 人よ 生命よ 始まりを見る… (?)
▲今回のメインビジュアルとなった、1/600スケール「伝説巨神イデオン《波導ガン付》」のボックスアートがお出迎え!
▲単体で発売された、1/600「<B.M.H兵器>波導ガン」組立説明書用カット。この辺いきなり写真がビミョーでスミマセン
▲1/2600スケール「ソロシップ」のボックスアート。スーパーマンのようなポーズで飛ぶイデオンが妙にキュート♡
▲貴重かつ美麗なボックスアートがズラリ…の展示風景。左手前は 1/600「伝説巨神イデオン Aメカ」
▲右手前は、重機動メカ「ジグ・マック」1/760スケールのボックスアート
▲有機的なイメージの亜空間戦闘用重機動メカ「ギラン・ドゥ」1/550スケールのボックスアート
▲地上戦闘用重機動メカ「ドグ・マック」のボックスアート。左が1/610、右が1/600 のもの
▲重機動メカ「ロッグ・マック」ボックスアート。左が1/830、右が1/600
▲エース機らしいデザインで人気の対イデオン用重機動メカ、ダラム・ズバ専用 「ガンガ・ルブ」。左が1/600、右が1/1200
▲劇場版に登場、なめらかなフォルムを持つ “最終重機動メカ”「ザンザ・ルブ」。左が1/600、右が1/1700

▲物語の後半、多数でイデオンにまとわりつく様子が印象的だった白兵戦用メカ「ガタッカ」。写真は1/30のもの
▲脚部を後方にピンと伸ばして飛行する姿も印象的だった、重機動メカ「アディゴ」。1/600スケールのボックスアート

▲1/1100スケール 戦術機動メカ「アブゾノール」。背景には複数のアディゴも飛行中
▲3体に分離する重機動メカ「ガルボ・ジック」。左が1/1550、右が1/600
▲機動メカ以外のバッフクラン兵器群も。左は「ガロワ・ザン」、右は「ドロワ・ザン」で、1/2600スケールの重戦艦
▲1/600「ゴンド・バウ」。未発売となった製品用に描かれた、幻のボックスアート!
▲低年齢層にも向けた小サイズモデル、1/2000「伝説巨資神イデオン VS 重機動メカ 三脚型」のボックスアート
▲同じく、1/2000「伝説巨資神イデオン VS 重機動メカ 二脚型」。なんとなくロボダッチを思わせるポージング…?

 
(次ページへ続く → ■無料で観られるスペースにも貴重な開発資料などの展示が! [2/3] )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*