20日紅白歌合戦に異変あり!?

毎年ルーティンで過ごす年末年始で、楽しみなのは箱根駅伝と大晦日夕方より始まるテレ東の『年忘れにっぽんの歌』から『紅白歌合戦』だ。『年忘れにっぽんの歌』で一杯始めて、7時になると名残惜しみながらNHKにチャンネルを変え、知らないシンガーやグループでもきちんと付き合う、完全チャンネルロックである。が、今年の出場リストを見るといよいよこのルーティンが崩れてしまう気がしてきた。

 

おっさんゆえ仕方ないのだが、ナウでヤングな方々が多い。演歌はどんどん追いやられているし、去年、一昨年と2年連続でを号泣させた Superfly (スーパーフライ) の名前がない。囁かれてはいたが、五木ひろしもいないし女性の若手演歌歌手で抜けた歌唱力の島津亜矢もいない。僕に言わせりゃないないづくしである (泣) 。対して『年忘れにっぽんの歌』は名だたる演歌歌手オンパレードである。今時チャンネルをガチャガチャとは言わないが、大晦日はのんびりしたいからアレコレいじりたくない。が、リストを見て楽しみだなあと感じさせてくれる名前が1/3程度しかないのが僕にとってはまさしく異変である。いつも半分以上だったのに、ターゲットから外されたということだろう。

 

もちろん、楽しみも多くあるよ。東京事変や「さらば青春の光」を歌うことが発表になった布袋さん、宮本さんも「夜明けのうた」に決まってうれしいし、♪じゃぱん〜も聴ける。そしてなんと言っても僕にとって紅白最大の楽しみはさゆりさんだ。去年が「天城越え」で、今年は順当 (!?) に「津軽海峡・冬景色」に決まった。するってえと『年忘れにっぽんの歌』ではきっと「天城越え」が聴けるはずだ。オリンピックイヤーのゆずには、「栄光の架橋」を歌ってほしかったなあ。

 

そして…、心配なのは聖子さんで、今回ばかりはお休みした方がいいと思う。プロ根性がものすごく高い方だから出れば完璧にこなすのだろう。だからよけいに休んだ方がいいと僕は思ってしまう。出てきてキチンと歌えば歌うほどツラいし感動じゃない涙になる。でも彼女のことだから、奮い立たせてまたひとつ伝説を作るのではないだろうかと思えてならない。聖子さん、いいんです。今回ばかりはプロに徹しなくてもいいんですっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*