“ホラー映画の帝王” ジョン・カーペンターの ’80年代監督作特集が1/27より開催。3作品のレトロポップなVHS風ビジュアルもお披露目!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。
 
 
『ハロウィン』(‘78) 、『遊星からの物体X』(’82) といった SF・ホラー作品でカルト的な人気を誇り、“ホラー映画の帝王” とも呼ばれるジョン・カーペンター監督。
 
その ’80年代の監督作品の特集上映、「ジョン・カーペンター レトロスペクティブ2022」が、年明けの 2022年 1月7日 (金) から 27日 (木) までの3週間限定で、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて開催されます。

今回上映されるのは、カーペンター監督ファンには金字塔とも言える『ニューヨーク 1997』(’81) 、『ザ・フォッグ』(’80) 、『ゼイリブ』(’88) の3作品。上映の情報解禁によって、SNSでは日本のファンから続々と喜びの声が上がっているとか。
 
 
そして本日、大島依提亜氏による3作品のVHSビデオパッケージ風ビジュアルも公開に! それぞれにインパクトの強いビジュアルがより魅力的に、いかにも ’80年代にリリースされていたようなテイストで見事に仕上げられており、上映への期待をますます高めてくれるハズ。
 
 
今後もこの「レトロスペクティブ2022」を盛り上げるお祭り企画が続々と発表されていくそうなので、監督のファンはもちろん、洋画ファン、80’s好きも要チェックです!
 
『ニューヨーク 1997』
監督・脚本: ジョン・カーペンター
出演: カート・ラッセル、リー・ヴァン・クリーフ、アイザック・ヘイズ
1981年 / アメリカ / 99分 / 原題:Escape from New York
 

©1981 STUDIOCANAL SAS – All Rights Reserved.
 

 
『ザ・フォッグ』
監督・脚本:ジョン・カーペンター
出演:エイドリアン・バーボー、ジェイミー・リー・カーティス、ジャネット・リー
1980年 / アメリカ / 99分 / 原題:The Fog
 

©1979 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
 
 

『ゼイリブ』
監督・脚本: ジョン・カーペンター
出演: ロディ・パイパー、メグ・フォスター、キース・デヴィッド
1988年 / アメリカ / 94分 / 原題:They Live
 

©1988 STUDIOCANAL S.A.S. All Rights Reserved.

 
   
(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
  
 
[以下、ロングライド  ニュースリリース より]

この度、ジョン・カーペンター監督の特集上映「ジョン・カーペンター レトロスペクティブ2022」が、2022年 1/7 (金)から 1/27(木)の3週間限定で、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて開催することが決定いたしました!
 
 
SF・ホラー作品でカルト的な人気を誇る《ホラー映画の帝王》ジョン・カーペンター監督。『ハロウィン』(78)、『遊星からの物体X』(82)など数々の名作を生み出し、多くの映画ファンに愛される名匠の一人。全米で大ヒットし、日本でも公開中の『ハロウィン KILLS』(21)では、音楽を手掛け、ミュージシャンとしても活躍している。
 
そんなカーペンターの熱狂的ファンであることを公言するのは、J・J・エイブラムス、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス、エドガー・ライト、ここ日本では、黒沢 清 監督、大ヒットゲーム「メタルギア」シリーズのゲームデザイナー・小島秀夫 と 鬼才のビッグネーム揃いで、彼らは皆、自身の作品でカーペンターへのオマージュを捧げている。
 
そして空前の80年代ムーブメント旋風が巻き起こっている昨今。『イット・フォローズ』(14)、『サマー・オブ・84』(17)、『IT/イット THE END “それ” が見えたら、終わり。』(19)、『レディ・プレイヤー1』(18)、そして社会現象にもなった Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス」などのヒット作が80年代映画へのノスタルジーが込められた作品として記憶に新しいが、どの作品にもカーペンターオマージュシーンが見つけられる。
 
先日、本特集上映の情報が解禁となり、日本のファンからは、「凄過ぎです! 特に ニューヨーク 1997 の上映はレアレベルMAX! 絶対に観に行きたい。」、「ニューヨーク 1997 がスクリーンで! 動揺が…」、「スネーク・プリスキンが劇場に戻ってくる。行かないとダメだ!」といった、喜びの声が SNS で続々と上がっている。
 

レトロスペクティブ2022 オリジナル!
3作品のVHS風レトロポップな豪華ビジュアルが初お披露目!
手掛けた大島依提亜氏からのコメントも
今回、レトロスペクティブ2022 で上映される、カーペンター究極の金字塔3作品『ニューヨーク 1997』、『ザ・フォッグ』、『ゼイリブ』のレトロスペクティブ2022 完全オリジナル! VHS風豪華ビジュアルが解禁。
 
デザインは『ミッドサマー』、『デッド・ドント・ダイ』、『サスペリア』などのビジュアルを手掛けてきた名手、大島依提亜氏が担当。『ニューヨーク 1997』では、倒れた自由の女神像が目を引き、スネーク(カート・ラッセル)をアイコン的存在としてレイアウト。『ザ・フォッグ』では、殺人霧が迫るその瞬間を捉え、“絶叫クイーン” ことジェイミー・リー・カーティスの今にも叫び出しそうな表情がインパクト大だ。
 
『ゼイリブ』のビジュアルには、サングラスをかけると突如現れるドクロ顔のエイリアンが、でかでかと登場! 一度見たら忘れられないこのエイリアンを描いたのは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』、『戦場のメリークリスマス』、『愛のコリーダ』でビジュアルのイラストを描きおろしたイラストレーター、サイトウユウスケ氏。地球を偵察にきた宇宙船や後ろのサブリミナル看板にも注目だ。
 
80年代 SF・ホラーの傑作が、懐かしのVHS風ビジュアルで現代に新たに復活! あわせて、自身もジョン・カーペンターの大ファンだという大島氏からコメントが到着。
「虐げられた人々が都市ごと巨大な壁で分断される / 巨大なビルボードに同じ言葉が必要に繰り返される / ワールドトレードセンターに飛行機が… / 何か良からぬものが蔓延し、それが何かはよくわからない / すぐ隣にいるこの人もすでにアレかもしれないと疑心暗鬼になる。これらすべては ジョン・カーペンターがかつて作った映画の中の出来事である。」
と、カーペンターへの思いを語った。
 
 
今後もレトロスペクティブ2022 を盛り上げるお祭り企画を続々発表! 続報にご期待ください!
いざ、スクリーンというタイムマシーンでカーペンターの80年代の世界へ! SFホラーの最高傑作が劇場を混沌の渦に巻き込む!
 
 
『ジョン・カーペンター レトロスペクティブ2022』
1/7(金)― 1/27(木)
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺
ほか 全国順次公開
  
公式サイト: https://longride.jp/johncarpenter/
 
 

 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*