自ら作った機体で空を飛ぶ… “ミスター鳥人間” 大木祥資の闘い! 好評発売中『昭和50年男』12号の特集「できるかな?」を編集長が紹介 !!

ちょっと知ってみたい… “空を飛ぶ感覚”って?

 
『昭和50年男』編集長の金丸です。
 
発売中の本誌9月号/vol.012の特集『できるかな? ~いつまでも…オレたちクリエイター~』では、さまざまな昭和50年男的ものづくり体験を取り上げています。
 
そのなかでも最も大きな造形物が、人力飛行機です。
▲『昭和50年男』vol.012 特集『できるかな?』p.046~「自ら作った機体で空を飛ぶ! “ミスター鳥人間” 大木祥資の闘い」

『鳥人間コンテスト選手権大会』(読売テレビ主催・以下『鳥人間』) は、人力飛行機で飛距離を競います。先週には最新の大会『~2021』も放送されていましたが、第1回の開催はなんと1977年!という実に長い歴史をもつテレビ番組です。昭和50年男が物心ついたころにはすでに始まっていたわけですから、すっかりお馴染みですよね。

このコンテストの滑空機部門で計13回の優勝を誇るパイロットが、「Team三鷹茂原下横田」に所属する 大木祥資 (おおきしょうじ) さんです。今回の特集の記事「自ら作った機体で空を飛ぶ!『鳥人間コンテスト』“ミスター鳥人間” 大木祥資闘い」では、大木さんに『鳥人間』に挑んだきっかけから “ミスター鳥人間” とまで呼ばれるようになるまでを、たっぷりと語ってもらいました。
 
お話のなかで私の心に引っかかったのは「みっちり練習しているうちに、空を飛ぶ感覚を覚えた」という言葉。“空を飛ぶ感覚” って、一体どんなものなのでしょう!?  怠惰で臆病な私には、一生理解できそうにありません…。でも、だからこそずっと憧れもあるんですよね。

 
なお、この特集記事は、このWebサイト内で 9月12日(日) までの期間限定にて公開中です。
この週末までの公開、終了まであと少し… なので、未読の方はぜひともご覧ください!
 

(『昭和50年男』編集長 金丸公貴)
 
 

■ラジオでも『昭和50年男』コーナーを展開!

SBC信越放送『MiXxxxx+ (ミックスプラス) 』 (月~金 13:00~16:20) 内
「ミックス・トークセレクション」の「S50 (エス フィフティ)」(水 13:13~) にて、
『昭和50年男』編集長・金丸が毎週トーク出演中。
番組公式サイト: https://sbc21.co.jp/blogwp/mixplus/
 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*